「教育勅語」を読みなおしてみた

「修身」が実は非常にすぐれた道徳教育の教科書であったことを現代の先生方が知らないように、「教育勅語」もその内容についてはあまり知られていない。国民道徳協会というところが教育勅語を現代文に訳している(→明治神宮HP)が、ちょっと意訳しすぎなので、原文に近い訳を試みたので、以下掲載したい。
私(明治天皇)が強く思うのは、(天照大神からはじまり、神武、綏靖…と続く)歴代の天皇が日本国をつくっていくにあたり、理想的な社会として、樹木を植えるように広く日本社会に根付かせようとした道徳は実に奥深いものであり、慈しみのあついものである。 

国民全体がよく君に忠義を尽くし、父母に孝行をはげみ、国民全体が心を一つにして、神代から現代に至るまでそういう美風を作り上げてきたのは、日本の国柄の最も優れた美しい点であって、教育の一番大切な根本は、ここにあるのである。 

 国民のみなさん、

子は父母に孝行をつくし、(1:孝行)  
兄弟、姉妹は互いに仲良く、(2:友愛)  
夫婦は互いに睦まじく、(3:夫婦ノ和)  
友人は互いに信じ合い、(4:朋友ノ信)  
他人を立て、己は謙虚にし、(5:謙遜)  
世の中の人々に平等に接し、(6:博愛)  
学問にはげみ、職業を習って身につけ、(7:修学習業)  
そうして、智徳を養って、才能を伸ばし、(8:智能啓発)  
道徳の高い、立派な人格を形成し、(9:徳器成就)  
すすんで、世の中の人のためになることを行い、社会の利益になる仕事を開発し、(10:公益世務)  
常に、憲法を重んじ、法律を守り、(11:遵法)  
もしひとたび、差し迫ったことがおこれば義勇を持って国のために一身を捧げ、(12:義勇)

そうして、天地が永遠に続くように、限りなく栄えてゆく日本国の運命を助けるべきである。

これらの教えをよく守ることは、単に我が国の立派な国民であるばかりでなく、 先祖から伝え続けられてきた日本人の美風がいかに素晴らしいかを十分にあきらかにすることができるのです。 この勅語で述べられている道徳は祖先から受け継がれてきた教えであって、われわれも皆ひとしく守っていくべきものである。

教育勅語の教えは昔も今もいつの時代も間違いのないことであり、日本国内だけでなく、世界中のどこの国でも遵守すべき道であるから、みなさん、ともにこの勅語の教訓をよく守り、実行して立派な日本人になることを深く希望します。

 御名御璽

どうだろうか? 上記の( )書きで書いた教育勅語の十二徳のうち、1〜11までは非常に良い内容ではないだろうか?

教育勅語が嫌がられているのは最後の「12:義勇」なのだろうが、しかしながら、よく考えてみれば自国を守らないことを教える国が一体どこにあるだろうか? 他国に侵略されてもいいということはないのである。

 ということで、この教育勅語、もう一度現代語訳に変換して、道徳教育の基本として復活させても良いと思うのだがいかがなものだろうか…?

教育 | comments(0) | trackbacks(0)

日曜参観にて…「なんじゃこりゃ?」という話

小学校2年生の娘の日曜参観があるということで、先日はじめて行ってみた。


が、行って見て、あまりの酷さに驚いてしまった。うちの小学校だけなのかもしれないが、この状況が日本全体なら大変だと思った次第。驚いたこと3点。


『乱れた教室』

まず、教室が汚い。古いというわけではなくて、机がきちっと並んでいないので乱雑な感じを受けるのだ。僕らの子どものころはちょっとでも机のラインが乱れていたら怒られたが、そういう意識が今の先生たちにはないのだろうか。しかも体育館シューズを入れた袋を窓際に重ねて吊っているのでよけい汚く感じる。


堺市の学校なので、各教室にはシャープから寄贈された50インチくらいのAQUOSがあるが、このテレビのせいで更に狭く感じる。写真にとっておけばよかったのですが、とにかく第一印象が「汚い」。。。(しかも、このテレビ、授業に使ってるの?とあとで聞いたところ使ってないという返事。「1回だけDVD見たけど、それっきり」とのこと。一体何のための寄贈なのだ!)これが1点目。


『ありえない教師』

授業は算数とかではなくて、音楽。これまた驚いた。この先生(58歳)だけだとは思うが、バンジョーをかき鳴らして、歌を歌いだすのだ。


「歌声喫茶かいな」と思った。歌う歌も文部省唱歌なんてのではなくて「明日がある」とか、あとは知らんがフォークソングっぽいのばかり。本当に歌声喫茶そのもの。途中でギターに持ち替え、しかもエレアコでアンプにつないでジャカジャカ弾くのでやかましいことこの上ない。生徒の歌声は全然聞こえない。


一体何の教育をしているのだろうか?後ろでは横向いてピアニカの調整ばかりして授業に参加してない男子3人ほどいるが、この子らは無視してどんどん歌が進んでいく。しまいには興奮したのか、先生が椅子の上に立ってギターを弾く始末。「バカじゃないのかこの担任。」と思った。教育とはかけ離れた実態に驚き、あきれ、堺市教育委員会にすぐに通報したい気分だった。これが2点目。


『マナーを知らない子どもたち』

参観はその「歌声喫茶カラオケ大会」1時間だけで、あとは親子クラシック鑑賞会ということで、堺市出身のクラリネット奏者とピアニストの演奏会があった。が、プログラムに13曲も書いていたので、これは子どもは耐えられないのでは?と思った。


案の定、寒い体育館で行われたコンサートの途中で、トイレに行く子どもたちが続出。そもそも無理なプログラムだけど、トイレに行く行き方がどたどたと音を立てて出て行くのだ。五月蝿いし、しかも演奏中だ。先生ももっと怒れよと思ったが、途中からどんどんトイレ組が増えていき、ざわざわとしだす。そもそもクラシックなどを聞く雰囲気の子どもたちではないのだ。音楽鑑賞のマナーがまるっきりなっていない。「人に迷惑をかけない」ということを親に教わってないのだろうか?これが3点目


こんな感じ。。。一体何の「参観日」なのだろうか?大阪の教育の惨状を理解してもらいたいのだろうか?「惨患日」か。


娘の通う小学校だけの現象だと願うばかりだが、多かれ少なかれ、規律のない小学校は多いと思う。子どもは悪くないだろう、親に問題があるのだとは思う。だけど、この現状では学校が教育を行うことを放棄しているとしか思えない状態だとも思う。先生はもっとちゃんとしないといけない。親に対しても子どもに対しても、ちゃんと物言えるようにしっかりしてないとダメだ。子どものご機嫌を伺うなどもってのほかだ。教育とは何かとちゃんと説明した上で、毅然対応することが大事だと僕は思う。


他の地域がこんな無茶苦茶でないことを祈るよ…。

教育 | comments(3) | trackbacks(0)

聾者のコミュニケーション

高一の長男が聾者である。

長男が失聴した1歳の頃は圧倒的に「聴覚口話法」が一般的で、手話を使うなどということは限定的だった。が、トヨエツのドラマ「愛しているといってくれ」や菅野美穂の「君の手がささやいている」以降、ここ10年で状況は一変し、聾者は手話を使うことが一般的になってきた。

原因の1つは聾者を扱ったそれらのドラマの影響も大きいのだが、最も大きな原因は「聴覚口話法」だけで育った子供が大人になり、結局聾者とも健聴者ともコミュニケーションができないという現実がわかったからだと思う。

15年前まではインテグレーションという言葉が聾教育の中でもてはやされ、聾学校に通うなんてのは「落ちこぼれ」と看做される感じがあった。口話を習得し、一般校に通わせることを「インテグレーション」と呼び、親達は子供を一般校に通わせることでエリート意識を持っていたような気がする。

私と家内も当初はそういうグループの中で子供を育てていたのだけれど、途中からこの方法は長男にとっては「無駄なのでは」と思い始めた。長男は両耳とも130db損失という超重度難聴でほぼ聞こえていないというレベルだった。そういう子供に無理矢理言葉を発声させることの無意味さを途中からいやというほど味わったからだ。90db程度の聴力損失とはわけが違い、自分の声も補聴器でフィードバックできないのに無理矢理声を出させるのは拷問以外のなにものでもないと感じたのだ。長男は4歳まで言葉の認識がないまま、もちろん声も全然出なかった。

聾学校は「聴覚口話法」主体の学校だったのだけど、時代の流れにあわせて長男が4歳のころから若干指導方針が変わって手話もとりいれるようになってきた。この状況の中で長男の場合はインテグレーションは無理があると思い聾学校にずっと通わせたのが良かった。聾学校は幼稚部の間は家内も一緒に登校し、毎日の状況をスケッチブックに絵日記のようにして書き込み、その文字を覚えさせることと、当初はキュードスピーチ(子音を指で表現し、母音を口型で示す方法)というもので言語を覚えさせ、その後指文字や手話を取り入れるようになった。小学校低学年まではキュードスピーチで、高学年から指文字と手話という感じで言葉を大量に毎日毎日語りかけることで、急速に言語を獲得していったような気がする。

小学校4年生からは公文の塾に通わせたのだが、これが意外に効果があり、算数にかなり自信をつけた。算数については耳が聞こえなくてもあんまり関係なく、普通の塾とは違い自分のペースで進めることができるのでとても長男にあった教育方法だったのかもしれない。

おもしろいことに算数一教科だけでも得意科目ができたことで、中学校にはいってからは見違えるように言語の習得もスピードがあがっていった。自己肯定感というのか、1つ得意教科があると他の教科にも影響を与えるようだ。

中学校ではほぼ満点に近い点をいつもとるようになり、結局地元の大阪の聾学校ではなく、今は筑波大学附属聾学校に通っている。

言葉は私たちには聞き取れるのだが、一般の人はちょっと聞き取りにくい声だと思う。が、聾学校に行ったことで手話で話すことができるので、聾者間のコミュニケーションは全く問題がない。聾学校に行かせてよかったなと感じる。

今はITが発達し、長男はブログやTwitterをやり、FLASHやIllustratorでマンガを書いている。普通の高校生よりも趣味は本格的なのではないだろうか?昨日のTwitterには「英検準2級受けに行きます」とか書いていた。勉強もちゃんとやってるみたい…。

大阪と千葉で離ればなれなので生活状況が直接はわからないが、Twitterやブログがあるので間接的にはよくわかる。友達も多いみたいだ。考えてみれば私たちだって結局友達と呼べるのはそんなに多くなく、本当に親しいのは4、5人だ。そんなふうに考えると多趣味で青春を謳歌している長男はうらやましいし、将来も心配がない。

無理矢理インテグレートして一般校に通わせて友人のない生活をさせるよりも数倍楽しい生活をしているんじゃないかと心底思う。本当によかったと思う。

 
評価:
上農 正剛
ポット出版
¥ 2,835
コメント:聾教育に関係している方は必読。

教育 | comments(0) | trackbacks(0)
1