<< 食い逃げされてもバイトは雇うな 禁じられた数字 〈上〉 | main | 鹿児島空港 >>

李登輝氏の靖国参拝

李登輝氏が靖国神社に参拝したとのニュースだ。

多分今日が参拝日だろうと思って、私もお昼頃、靖国神社へ参拝に行った。
12時ごろだったのだが、突然雨が降りだし、その後は夏のような日差しが降り注いだ。李登輝氏の参拝は10時ということでニアミスだったのだが、それにしてもこの雨とその後の日差しを見るにつけて、「雨降って地固まる」という感じだった。

李氏が参拝したことで中国の過去のわだかまりが消えて、その後は暖かい日差しが靖国陣社に降り注ぐようになればいいのになあとも感じた。

それにしても李登輝氏があらわれて2時間後の靖国神社はそれほど混乱もなく普段の通り落ち着いた雰囲気だった。(私は、遊就館の前でサンドイッチを食べてました)

李登輝氏のニュースだが、私人が祀られている兄のために参拝したというとても普通のことなのに、それがなぜニュースになるのだろうか?と感じた。その上どうして中国が反発したりするのだろうか?

日本のマスコミは本当に変だ。麻生外務大臣がいうように靖国神社を政治問題化させず、政治と遠く離れたところで静かに慰霊する、静謐な祈りの場所として保つ必要があるとつくづく感じた。

(今日の気づき)
靖国神社の境内に入らずに、お辞儀をして横切るOLの姿を見て、日本の良さを感じました。ちょっとした仕草に日本人の本質があらわれると思います。
日記 | comments(0) | trackbacks(1)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://fukarei.jugem.cc/trackback/310
Trackback
お辞儀 プロフィール検索 動画検索 画像検索
お辞儀 | いま人気のコトバとは? | 2007/06/11 19:53