<< 明けましておめでとうございます | main | デジタル一眼αNEX-5Dを買った >>

自分の小さな「箱」から脱出する方法

評価:
アービンジャー インスティチュート,金森 重樹,冨永 星
大和書房
¥ 1,680
コメント:「ムカッ」とするときに、「ああ、箱の中に入ってるかな」と自問するようになります。「箱」というイメージでうまく心理状態を表現していると思う

読書会の課題図書。

「箱」という概念は面白かった。日常生活で「ムカッ」とくることがよくあるけれど、その時には「『箱』に入ってるんだなあ」と気付くようになったのがこの本を読んだ成果だと思う。 

本の例では、夜中、赤ちゃんがグズリ出した時に、旦那が目覚めて、「ああ、あやさなきゃ」と思ったが、隣ではかみさんがグウグウ寝ている。この時に、「なんだコイツ」と思ったことを例にしている。その時にあやす事よりも先に、奥さんの事を腹立たしく感じたその感情状態のことを「箱に入っている」と表現している。この例を非常に細かく分析していくことで、日常の仕事の場面や、子供の教育とか、夫婦の会話などにも斬り込んでいくのでとてもわかりやすい。

舞台設定は、将来を嘱望されて転職してきたマネージャが、仕事はできるが、「箱」に入っているため、自分では気づかずに問題が起きているという状態をその会社の経営陣が把握し、その彼に「箱」の話を説明するという設定。

舞台設定からして「あれ?これ僕のことじゃん…。」と思いあたることが多々あり、読み進めるうちに、「ああこれも」、「あらこれも」というのが出てきて、かなり反省した次第であります。

ビジネス本というよりは、心理、宗教に近い話のような気もする。「人を変えることはできない」という前提のもと、「箱」の中から無理に人を変えようとするのではなく、まず「箱」から出ることが大事ということだ。

「箱」から出ると、今まで相手に貼っていたレッテルを剥がした状態になるので、そもそもその人を変えようと思っていたことそのものも見えなくなり、違うレベルでその人を見ることができるようになるという事なんだろうなと感じた。(相手のステージに降りるというイメージかなあ。)

宗教的と思うのは、宇宙レベルで考えれば、日常のことはすべて些細なことになってしまうから、そういう気持ちで人と接するとかなり「どうでもいい」ことに悩んでいる自分が見えてしまう。常にオープンに箱から出ているという状態は難しいけれど、「イラッ」っと感じたり、「ムカッ」と感じたときに、「ああ、自分は箱に入ってるんだなあ」と思えば、あまり腹の立つこともなくなるのではないかと思った。

でもでも、相手が頑丈な「箱」に入ってる場合は、こじ開けるのは難しいんだよなあ…。(あきらめるしかないのかな…?)
読書 | comments(1) | trackbacks(0)
 
面白そうな本ですね。ワタシも探して読んでみます〜
なみき | 2011/01/17 17:45
Comment








   
 
Trackback URL
http://fukarei.jugem.cc/trackback/791
Trackback