<< 「マーケット・イン」から新しい「プロダクト・アウト」へ | main | 陰陽師にハマっております >>

月蝕を撮ろうとしたけれど…。

 今日は月蝕の日ということで写真を撮ろうとしたが、いかんせん3倍ズームなので、全然ダメだった。うまくとれたものでこんな感じ↓

なかなか月を撮るのは難しい。
ISOとかシャッタースピードとかまだよくわかっていない。
ちなみにこの写真はISO感度200、絞りf/8.0という設定で撮っています。こんなものでしょうか??

写真はむずかしいのだけど、肉眼でははっきりと見えて赤い月になっていた。南のオリオン座が美しく輝いいていたし、なんだかとても幻想的な雰囲気だった。

すぐそこに月がある感じ。

昔の人はこの月を見て何を考えていたのだろうか?って思う。昔はもっと暗かったのでものすごく多くの星が見えただろうし、月蝕の日なんて、なにか天変地異でも起こる前触れという感じだったのではないだろうか?

暦も月で決まっていたし、いろんなことが月を中心に考えられていた。そういえば1月、2月って「月」になってるけど、これも太陰暦の名残なんだろうなあ…。
日記 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
Trackback