<< 2024年、会社はなくなる!? | main | 歴史は繰り返す >>

「ぼくらの祖国」

青山繁晴氏の本「ぼくらの祖国」を東京から帰る新幹線の車中で一気に読んだ。

読んでいる途中、右手に富士山が見えた。雲一つない快晴の青空の下、雄大な姿を見せる富士山を見ながら、祖国についての本を読む。いつもはボンヤリ風景を眺めてたり、iPhoneをいじっていることが多いのだけど、今日は富士山を過ぎてからはずっとこの本に集中した。

内容は「北朝鮮拉致問題」「東日本大震災と福島原発事故」「硫黄島の滑走路の下に埋められたままの英霊1万3千人」「日本海のメタンハイドレート」のことをメインに、日本という国を考える内容になっている。

青山繁晴さんの主張は関西テレビのニュース「アンカー」で毎週聞いているのでだいたいおさえているつもりでいるが、こうやって活字になると更に重みがましてくる。

特に「硫黄島(いおうとう→いおうじまは米国の言い方)」の話は圧巻だと思う。新幹線の中で不覚にも涙を零してしまった。YouTubeで以前この青山さんの硫黄島の話は視聴したことがあるのだが、それでもやはり本を読んでいるうちに身体の芯がゾクゾクしてきて、感極まってしまった。

僕らは事実をあまりにも知らなさすぎる。

硫黄島で犠牲になった2万1千の英霊のうちまだ1万3千人が島の地下壕などに埋まったままになっていること。しかもその遺骨の上に滑走路が作られているためそれを剥がさなければいけないこと。ところが青山さんの活動で始まった「滑走路を移転し今の滑走路を引き剥がして遺骨を収集する」という計画が2009年に防衛省で1億円の予算がついたのに今は消えてしまっていること。硫黄島を米軍が占領したかった理由は本土爆撃の拠点にするためだが、その爆撃の目的は日本の女性や子どもまでを殺して民族を根絶やしにするためだったこと。栗林中将はアメリカの戦略をわかっていたので一日でもそういう空爆を遅らせるために穴を掘って戦いを引き延ばそうとしたこと。など…。

僕らには知らされていないことが多すぎる。この本を読みながら、そういう硫黄島の戦いの背景を知り、日本人のあり方についてもう一度考えてみたいと思った。

栗林中将が最後の出撃時に述べた言葉がある。

「予が諸君よりも先に、先陣に散ることがあっても、諸君の今日まで捧げた偉功は決して消えるものではない。いま日本は戦に敗れたりといえども、日本国民が諸君の忠君愛国の精神に燃え、諸君の勲功をたたえ、諸君の霊に対して涙して黙祷を捧げる日が、いつか来るであろう。安んじて諸君は国に殉ずべし。」(梯久美子「散るぞ悲しき」より)

はたして、今の日本人は、日本のために命を捧げた英霊たちの勲功をたたえ、涙して黙祷を捧げているだろうか?

英霊だけの話ではない。今の日本人は日本に対する「祖国愛」についても思考停止している。自国の国旗国歌に敬意を示さない国民がいるのは世界中の中でも日本だけである。

残念ながら戦後教育で刷り込まれた自虐史観が国民に浸透してしまっている中でなかなかこういう「祖国愛」についての主張をしても虚しいばかりだが、少しづつそのことに気づいてきている人も多い。

こういうのを右翼の思考だと思う人も、一度この本を読んでみてはいかがかと思うのである。
読書 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://fukarei.jugem.cc/trackback/890
Trackback