<< 秦氏を中心に古代史を見てみると様子が変わってくる。 | main | 式年遷宮とシステム開発 >>

今日から新学期

今日から新学期。
しばらく更新をサボっていたこのブログも再開することにしよう。

日常についてはFacebookにつぶやきすぎているので、非日常的なことも織り交ぜて書いて行くことにしていきたい。

今年に入って、仕事の状況が変わりつつあり、その変化についていけなかったのがブログ更新ができなくなってきた一つの原因でもある。

というのは、なぜか海外のシステムについても担当しなければならなくなったからだ。不得意な英語をまたやらなくちゃいけないのが憂鬱で困っていた、というか現実逃避していた。

が、いよいよ逃れられなくなったようなので、ここは腹を括って英語の勉強をするぞと決めたら、ちょっと気持ちが落ち着いてきたという感じなのであります。

おりしも、親戚の中学生が受動態の過去完了ってどう書くの?とか聞いてきて、「受動態って何だっけ?」ってそもそもいい加減な勉強しかしていない学生時代の弱点をついてきて困っているのだ。

受動態ということで、その子から送られてきた"I had given smile by you."は間違いで、"I was given smile by you."だろうとは思ったが自信が持てない。この言い方をアメリカ人に言う気になれない。そもそも日本語でも「あなたに微笑みを贈られた」なんて、そういう変な言い方はしないんじゃないかという想いが強くいきなり英語学習の出鼻をくじかれた感じだ。中学英語ってなんなのだろう。そういうのばかり勉強するのでますます話す気になれなくなるんじゃないかと思った。日常使う表現を訓練しないと全く意味がない。

英語の例文のストックをたくさん持っていないと自信もって喋れないなと…。それにしてもこんな感じで、高校受験生レベルから英語のやり直しをせねばと思っている次第です。五十の手習いだけどね。

実は、先日、高校の同級生の娘さんが韓国に留学するという話を聞いて、かなり刺激を受けたというのも語学を勉強しようと思った一つのきっかけ。娘さんは大学2年生、つまりたった1年の韓国語の勉強でいきなり留学出来るレベルに到達したということだ。K-Popとかが好きだというのがあるのだとしてもすごい能力である。頑張れば人間いくらでも才能開発が出来るなと思った。

ということで、今日から僕も語学の新学期に突入することにしたい。英語と韓国語ね。

日記 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://fukarei.jugem.cc/trackback/897
Trackback