<< 経済成長に消費税増税は逆効果 | main | Plan-Do-SeeではPDCAサイクルが回らない >>

中韓の反日活動を海外から見ると

中韓の反日活動がすさまじい。

特に韓国は「従軍慰安婦問題」にからめて「歴史認識問題化」し、安倍政権の「右傾化」を批判している。中国は尖閣諸島国営化以来同様に「右傾化」を問題視している。

しかし、これは日本国内の新聞を読んでるからそう感じるだけである。

海外においては日本の話などほとんど報道されず、ましてや韓国の話などほとんど見ない。各国は自国の問題に忙しく、他国のことはあまり話題に上らない。

なので日本を批判する記事などあまりないのだが、しかしながらごくたまに、間違って報道されているケースが多い。海外から取材に来るわけでないので、日本の新聞に載ったことを海外の新聞は転載するケースが多く、朝日新聞が安倍政権を殊更に悪く書けば、「日本ではこう考えられている」という風に間違った報道がたまにされている。

靖国神社参拝の時には、さすがに各国の新聞に写真入りで報道されたが、「日本を取り戻した」というような記事は皆無で、朝日新聞の記事に従ったような論調で「中国・韓国が批判している」という内容の記事になっていた。

これも朝日新聞を中心に大々的に新聞にそう書くからそのように海外にリークされるのであって、日本の新聞が報道しなければどこも反応しないのである。残念なことに海外からみれば「Asahi」が信頼されてしまっている。(まあ、ニューヨーク・タイムズに至っては東京支局が朝日新聞の中にあるので仕方ないのだが…。)

先日も菅官房長官が「”河野談話”について調査を始めた」という記事がニューヨークタイムズやBBCなどの記事になっていたが、”Apology to Wartime Sex Slaves”とか”Sex slavery apology”という表現になっており、ぱっと見るとまた「性奴隷に対するお詫び(河野談話の英訳)」をしたかの記事が世界に配信されてしまっている。よく読めば再調査(revisit,review)の記事なのだが、性奴隷(Sex Slaves)の方が先に目に入ってしまう。せっかくの再調査が逆効果である。

これも結局日本で従軍慰安婦に関する報道をするから世界が反応するのだ。

隣国のシモネタ話などほっておけば良いのだ。無視を決め込めば、海外に報道されることもなく、日本はちゃんと評価されることだろう。70年以上も前の話にいまだになんで付き合わされなければいけないのだろうか?本当にしつこい話だ。

しかしながら韓国のアメリカのロビー活動の勢いは強く、ますます効果的に日本を陥れている。報道はほっておけばよいが、こちらは日本も頑張る必要があると思う。報道は無視を決め込み、裏で粛々と動く、こういうインテリジェンス活動を日本はもっと磨かなければいけないと思う。

しかしなんといっても最後は「正義が勝つ」はず。アメリカも嘘で塗り固めた話は嫌いなはずで「正義」が好きなのだ。粛々と真実を丁寧に説明していけばいつの日か形勢は逆転することだろう。

なのでマスコミはその場その場の脊髄反射的な論調を展開するのではなく、事実を淡々と報道するマスコミに生まれ変わってほしいものだと思う。今のままだと日本はどんどん悪い国だと思われてしまうではないか…。
政治・経済 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://fukarei.jugem.cc/trackback/938
Trackback