<< 中韓の反日活動を海外から見ると | main | 稽古照今 >>

Plan-Do-SeeではPDCAサイクルが回らない

JUGEMテーマ:ビジネス

一部の会社でいまだに「Plan-Do-See」というのを使って仕事のプロセスを回そうとしている会社があるが、「PDS」ではなく、やはり「PDCA」でなければならない。

このフレームワークに誤解があるのは、Planの中に「目標」が含まれていると思っているケースが多いことだ。「Plan(計画)」はあくまで事前に立てた「目標」に対する”対応方法”であって「目標」そのものではない。「PDS」で満足している会社に多いのが「Plan」を「目標+計画」としているため、一旦立てた計画を「実行(Do)」し、「検証(See)」し、それがダメなことがわかると「目標」そのものを引き下げてしまったり、全く別のアプローチ(Plan)を立てて次の「PDS」を回そうとしてしまうケースが多い。それではいつまで経っても同じ場所をぐるぐる回っているだけで、一向に目標(目的地)に到達しない。ヘタすると元いた場所より後退していることだって発生してしまう。

PDSを「仮説・実践・検証」などと訳している会社は特にダメで、うまくいかなかった場合に「仮説」が間違っていたとして、全然別の「仮説」を立ててしまうことが多い。だって「仮」なんだもの…。何事でもそうだが「仮」と一旦つけてしまうと一生「本質」には到達しない。「仮説」ではダメで「計画」でなければならない。こういう会社の場合はそもそも「目標」がなかったりする場合も多い。一体どこに向かおうというのだろうか?

なので、「PDS」という考え方ではダメで、「PDCA」でなければいけない。「Plan(計画)→Do(実行)→Check(検証)→Action(改善)」の中では、特に最後の「Action(改善)」プロセスが非常に重要で、「改善」活動を行った上で、その改善効果が見込まれた時点で、初めて次の「Plan(計画)」に移ることができるのである。なので、実体上は「Action(改善)」の中に一つのPDCAが回っているような形になる。

PDCAを回すという形の誤解をなくすため、「最初の目標のステージ(Tier1)」上でPDCAを回しきって、目標に到達した時点で、はじめて「次の目標のステージ(Tier2)」に移行するという形を下記に図示するが、これが本来あるべき「PDCA」である。最初に「目標」があり、それを実現するためには同一ステージ上で、何度もPDCAを回しスパイラルアップしていき、目標に到達した時点ではじめて、次の段階の「目標」を設定するという形にしていかなければいけない。

Tier1の段階で「Plan」を大幅に変更したり、「目標」を引き下げたりするとステージが一向にあがらず、露頭に迷ってしまうのだ。世の中にそういう企業が多いが、本来とるべき形は、まず実現可能な目標を立て、それを実現したら、次のステージにあがるという形をちゃんと会社のメンバーの身体にしっかり染み込ませて行くということだと思う。そのプロセスを着実に行うことで、意外にも当初は実現不可能と思っていたことだって実現してしまうのだ。是非「PDS」で一向に目標が達成しない会社は下記の図を頭に叩き込んで、「本来のPDCAサイクル(改善活動)」を進めていってほしいと思う。


仕事のやり方 | comments(0) | trackbacks(0)
 
Comment








   
 
Trackback URL
http://fukarei.jugem.cc/trackback/939
Trackback