1960年代のワクワク感が今の日本にあるか?

  • 2016.08.27 Saturday
  • 23:26

リオのオリンピックが終わり、4年後に東京にオリンピックが来るのだが、1960年代に日本国民が感じていたワクワク感が今の日本にあるだろうか?

 

1960年代を振り返ると、1960年の池田勇人内閣による「所得倍増計画」で幕を開け、それ以降、オリンピックに向けて首都高速道路を整備し、羽田と都心を結ぶ東京モノレールを作り、東海道新幹線を開通させ、1058室のホテルニューオータニをはじめとした大型ホテルが次々と開業、渋谷・池袋・新橋などの駅前にあった闇市マーケットを一掃しステーションビルを作り、オリンピック競技場に至っては、駒沢オリンピック公園(サッカー競技場、第二球技場、体育館)、国立屋内総合競技場、付属体育館、日本武道館、渋谷公会堂を次々と作るということを一気に行った。もう国民全員がオリンピックに向けてワクワクドキドキ、なんかスゴイなーと思っていた時代であったと思う。

 

今は当時と同じ東京オリンピックの4年前なのだが、所得倍増計画も無ければ、首都高速を整備し直すとか、街を作りなおすとか、そんな話は一切なく、国立競技場にカネがかかり過ぎとか、東京都議会のドンがどうのこうのとか、オリンピックロゴがダサいとか、ボランティアの衣装が韓国風だとか、なんかくだらない、どうでもいい話しか聞こえてこず、全くワクワク感のないままオリンピックの旗を小池都知事が持って帰ってきている状況だ。

 

小池都知事はオリンピックの費用について調べていくとか言っていたが、そんな話ではなく、「2020年に向けた日本再生のグランドデザインはどうなっているのか?」ということを前提に何をこれからしていくべきなのかを問題にすべきである。

 

それは都知事だけの領域の話ではなく、国会議員をはじめとした日本国民全員がもう一度考えなおさなければいけないことだ。

 

企業はもちろん自社の利益のために活動をするのだけれど、日本の再生のための新しいことを考えないといけないと思う。「景観を損ねている首都高速道路の付替えをしませんか?」とか、「電線の地中化を一気にやりませんか?」とか、「超高級ホテルを誘致しませんか?」とか、「ロボットを駆使して案内センターに置きませんか?」とか、「キャラクターを活かしたコンテンツ・ビジネスをもっと海外に出しませんか?」とか、いろいろ国に提案できるのではないだろうか?

 

オリンピックにネガティブな感情をもっている国民が多いが、この前のリオのオリンピックを見て、やっぱりオリンピックってイイなと思ったはずである。なので、オリンピックをレバレッジとして日本を再浮揚させる目的で、どんどん投資を行うべきだと思う。

 

そもそも8月に開催しても良いのか?という初歩的な疑問を感じてしまう。暑すぎる日本でマラソンをするなんて想像できない。画期的に涼しいコースに出来るのであればそれはそれで「ものづくり日本」を宣伝できるけど、そんなこと誰も考えていないのではないだろうか。

 

オリンピックに至るまでのプランが全然国民に見えない。この大規模プロジェクトのリーダーは一体誰なのか?

 

もし、プロジェクトリーダーがちゃんといるのなら、もっと日本国民がもっとワクワクするように、オリンピックに向けたあっと驚くようなものすごいプランを公表するべきだと思う。というか、4年前なのでもう公表してないとおかしいと思うのだ。

 

JUGEMテーマ:経済全般

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

自動翻訳(ブログが外国語に!)

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM