プロジェクト組織が失敗する理由

プロジェクト組織が失敗する理由は、いろいろあるが、一番多いのは、そもそもプロジェクトそのものを立ち上げる必要が無かったケースではないだろうか。プロジェクトを立ち上げ、そのプロジェクト完遂のための組織を作るというのは、通常の組織では全く埒があかないような、新しいサービスやモノを作ったりする場合だけである。そこを勘違いして、検討部会程度のものをプロジェクトチームと名乗らせるから変なことになってしまうのだと思う。

プロジェクトとは「有期の活動」であって、「最終成果が明確」になっており(着地点が明確であり)、「予算」があり、「専任のプロジェクトマネージャー」とメンバーがいる活動のことである。ところが大抵の社内プロジェクトはプロジェクトメンバーが通常の業務と兼務になっているケースが多い。

これはプロジェクト組織というものではなく、単なるマトリックス組織である。マトリックス組織の場合、横連携の組織のリーダーの権限が曖昧で、通常業務のリーダーが上位になるため、指揮命令系統が上手く行かず、殆どの場合成功しない。このような「プロジェクトもどき」はそもそも何か新しい組織を作るというやり方ではなく、通常の業務の中で主たる部署(その企画を引き取る部署)がプランを練り、関係部署と協議をすれば良いだけのものである。自分の部署がやるべきことを、プロジェクト組織と名付けてたくさんの部署から人を募って行うというやり方は、「失敗しても責任を取らないぞ」と宣言しているようなものである。このようなゆるい組織が成功するはずがない。

プロジェクトとは何度もこのブログで書いているが
(1)「着地点」(最終のゴール)が鮮明に見えており、
(2)「何のためにこの活動をしているのか」ということがメンバー全員に徹底されており、
(3)「完了日」が日付単位で明示されており、
(4)「スケジュール」とそのスケジュールを遂行するための役割分担がはっきりとしており、
(5)「予算」措置が取られている。
そういうものをプロジェクトと呼ぶのである。

そういうプロジェクトをしっかりとした経験豊かなプロジェクトマネージャーが率いていればほぼ間違いなく成功するのだが、プロジェクトにもなっていないようなものをプロジェクトと呼んだり、経験も何もないような人がプロジェクトを率いたりするから失敗するのである。

世の中のプロジェクトの成功率は2割くらいという話を聞いたことがあるが、失敗しているケースの半分は「そもそもプロジェクトにもなっていないケース」、あとの半分は「プロジェクトマネージャーが経験者でないケース」であろうと思う。

こういう状況を変えていくためには「プロジェクトマネジメント」をきちんと学んで実践している人材を増やさねばならないのだと思うが、90年代以降の悪しき「成果主義」の蔓延以降、ベテランを尊重する風土がなくなってきているため「暗黙知の継承」が進んでない現状が日本にはあると思う。なんとかこういう日本の状況を打破していきたいものだ。
 
仕事のやり方 | comments(0) | trackbacks(0)

PDCAのPは計画であって目標ではない

PDCAに関する誤解はまだまだ多い。Planを「目標設定」としてしまうケースである。

以前PDSではダメでPDCAでなければならないという記事を書いたが、
 ↓
「Plan-Do-SeeではPDCAサイクルが回らない」

せっかく「PDCA」と銘打っていてもPlanが「目標設定」では意味がない。
プロジェクトを実行するのにまず最初に目標を設定し、目指すべき着地点「GOAL」を明確にすることが重要だが、それはあくまで着地点であり「PLAN」ではない。「PLAN」は着地点「GOAL」が明確にあって、そこに至るまでの実行計画のことである。そこを混同すると全くPDCAは回らず、プロジェクトは失敗してしまう。

Pを「目標設定」としてしまうと、目標を立てた後(Plan)→目標到達のための仮説を実行し(Do)→目標に到達しているかどうかを検証し(Check)→当然到達していないのでまた新しい思いつきをやってみて(Action)→それでも目標に到達しない(ほとんど到達しないが…)場合には「目標を引き下げる」、もしくは「違う目標にすり替えてしまう」ということをやってしまう。

だからPlanの中に「目標設定」を入れるのはダメなのである。「目標設定」はPDCAの前提として外にないとダメである。

「PLAN」は明確になった「着地点(GOAL)」に向かうための詳細な実行行動計画をたてることである。ここは間違えてはいけない部分だが、そのあたりが曖昧になっているケースが多い。

世の中のプロジェクトがよく失敗するのは「着地点」が不明確なまま見切り発車し、やってもやっても、そもそもの着地点が定まってないので失敗するのである。夢のような目標はあくまで夢であって、仕事の目標は地に足がついていないといけない。

大事なのは「何のためのプロジェクトなのか」を明確にし、「実行計画」を立てて、それを行っていくことである。

また、「改善」の部分を「計画」と混同してしまうケースも多いが、PDCAサイクルは、基本的にはP→D→C→A→(P)→D→C→Aとなるべきで、改善フェーズで最初に立てた実行計画の一部修正を行いながらPDCAサイクルを回すという形になる。(P)と書いたのは計画を一から作りなおすということではなく、改善で一部修正されたという意味である。このサイクルを回して行き、当初立てた目標に到達したら、初めて目標を更に上にステップアップさせ新しいPDCAサイクルを回すという形にするのが大事である。

以前にも図示したがPDCAサイクルを回して目標達成後ステップアップするという、下図のようなサイクルを回していくのが本当のPDCAサイクルである。


 
仕事のやり方 | comments(0) | trackbacks(0)

「東京タワー」を今頃読んで…。

JUGEMテーマ:読書

「そして父になる」や「海街Diary」でのリリー・フランキーさんの演技がとても自然体でああいう人になりたいなと思っていたら、年齢が一つ上なだけで驚いた。同世代なんだ。

小説というよりはほぼ自叙伝で、九州筑豊地方での子供時代、一人で大分の芸術高校に通っていたこと、武蔵野美術大学に入り、その後東京でアルバイト暮らしをしていたこと、そして現在に至るまでの間の母親との関係を綴っている。父親とは別居しており、小さい頃から母子家庭で育ち、最後の数年間は東京で母親と二人暮らしをしていたことを九州弁の会話が続く独特の文体で綴っている。

今やマルチタレントとして色々なメディアで活躍されているリリー・フランキーさんの生き様が手に取るようにわかる。

「家族」って何なんだろうと考えさせられる内容。僕自身もいろいろ悩みながら「家族」を維持しているが、将来のことまでは見通せない。子どもが成人すれば夫婦はどうなるんだろうか?と思うこともしばしばだ。

ところが、ここの「家族」はリリー・フランキーさんが4歳の時にすでに破綻していて、母子と父が別居生活に入る。その後住まいを転々としながらもオカンは一生懸命リリーさんを不自由なく生活をさせている。だが、母はずっと別居していたのに亡くなるまで離婚しなかった。「家族」は維持できなくても「親子」は続くのだ。

小説の中にいろいろな人が登場してくるが、オカンの料理を食べに集まってくるというのがなんだかほのぼのとしていい感じに思えた。結局同じ釜の飯を食うという関係、どうってことない話をしながら集まる仲間が人生においては大事なのかなと思ったりする。

昭和の時代は東京でもまだまだご近所の関係が残っていたが、ここ最近はとても希薄な関係、薄っぺらい関係に変わってきているような気がする。飲食店もチェーン店が増えて昔のような店主との会話がなくなってきている。コンビニが増えて昔ながらの八百屋や魚屋や駄菓子屋はめっきり減った。当然店頭での会話はなくなり、一日だれとも会話をせずとも過ごせるようになってしまった。引っ越しで隣近所に挨拶に行ってもお菓子などすら受け取らなくなってきているし、近所付き合いは子どもとの関係で維持出来るだけで、独身者や子どもの居ない場合は、ただ金を稼ぐための会社と自分の部屋の往復で人生が終わってしまいそうだ。子どもができたところで、子ども会の加入者は年々減少、自治会に至っては老人クラブと化しており、若い人がほとんどいない。僕達が本来過ごすべき居場所がなくなってきているのではないだろうか?
戦後は会社が家族的経営でそれを補完してきた。社員旅行や社内運動会、クラブ活動やさまざまな福利厚生。家族と会社が連結していたが、これがバブル崩壊で全部なくなり、地域社会を補完する場がなくなってしまった。「家族」がなくなってしまった原因はそういう大企業の動向にもあると思う。

だが、最近ベンチャー企業では社員旅行や社内イベントが復活してきているらしい。良い話だ。日本はもともと和の国。家族を中心として人と人とが繋がる社会であったはずだ。これらのベンチャー企業のように友達同士、家族同士が触れ合えるそういう場を創る企業を中心にこれからの日本が変わっていければなぁと思うのだ。
読書 | comments(1) | trackbacks(0)

2016年 今年の干支は丙申(ひのえさる、へいしん)

今年の干支は「丙申(ひのえさる・へいしん)」である。

干支は十干と十二支の組み合わせで60年で1サイクルになっている。一昨年の甲午は干支の31年目にあたり、そこで陰から陽に反転し、今年で陽に転じて3年目にあたる。

実際、経済面で見ると「陽」に転じてきており、昨年度末大納会の日経平均株価は19年ぶりの高値で1万9033円で終了。景気が上昇しつつあるように感じている。ただ、まだまだ我々サラリーマンの所得にまでその効果は波及していないのが残念だが、徐々に改善していくことは確かだと思う。

政治面については昨年のブログで下記のように予想していたが、あたっているのではないだろうか。

今年は改革の流れがまだはっきりとは出現しない上に、旧来の反対勢力である足元が見えていない理想主義者達に翻弄される場面も多いが、未来を信じて日本人みんなが力をあわせて奮闘努力すれば、必ず解決の糸口が見え、発展の兆しが見える年になるのではないかと思います。ただ、海外の混乱は今年も昨年以上に進む可能性が高く、その余波を受けて、日本の進む道に障害が発生する可能性も高いが、謙虚に着実に進むことでそれらの障害を突破でき、そのことにより、日本の国際的地位も更に向上する年になるのではないかと思います。

昨年はなんといっても新安保法案で、共産党やSEALDsという団体が「戦争法案」と連呼し、こともあろうか時の総理大臣を罵倒し、60年安保のころのように国会前でデモを繰り返すという事態が発生していたが、いざ法案が可決した途端に活動が終了してうやむやになってしまうという状況を見た。彼らに肩入れしていた人たちもさぞがっかりしたことだろう。中国の領土的野心が高まっている中での安全保障法案は中国に対する抑止力として必要不可欠なものであり、良い流れになったのではないかと思う。

また、年末には元慰安婦問題についても電撃的に日韓合意が成立し、「今後蒸し返さない」と言う言質を韓国から引き出した。その上に米国からその合意についての評価が得られ国際的なニュースになったのは大変良かったのではないだろうか?これについても昨年のブログでこう書いている

他国を引きずり降ろそうと過去の悪口ばかりを訴えるような方法ではいずれ誰からも信用されなくなり、日本のように今を誠実に行動していくことが評価されるようになるはず。なので我々も昨年のように中韓を貶めるような言動は慎み、日本人として謙虚に前向きに生きていけばきっと形勢は逆転するものと考えます。

このように政治経済の両面で日本の置かれている状況がやや向上してきているが、不安定要素もまだまだあり、今年はどんな年なのかをまたまた安岡正篤の「干支の活学」をひもときながら予想してみたいと思う。

まず丙申の「丙」について。

 

丙は乙より進んで陽気の発展した象。丙は炳(あきらか・つよし)を意味するが、文字の成り立ち=一・冂・入が示すように、一は陽気、冂はかこい、物盛んなれば哀うる理で、陽気がすでに隠れ始めることを意味する。

十干は植物の成長に対比されるのであるが、乙は芽が出始めて屈折している状態であるが、丙は芽が出て地上に出現した状態を表している。一番上の一が陽光を意味し、冂は広がるという意味もあるので、芽が出て大きくなろうとしているということである。だが、陽光が入って来ているが、冂はかこいの意味でもあるので、かこいの中に陽が入るとその明るさが減ずるようにせっかく出てきた芽がしぼんでしまう可能性もまだまだあるという意味を表す。
 

また、「ひのえ」というように火の兄なので、エネルギーが強く、燃え盛る状況を意味するので、事業なども発展する可能性が高い、ただかこいの冂があるため、有頂天になっているとそのエネルギーも反転する可能性があるという意味でもある。

次に「申」について。
 
申の金石文字(殷・周時代)の形は電光の走る象形である。神の初形とされている。電光が斜めに屈伸して走ることから、申は伸に通じ、伸びるという義に通じる。この電光の屈伸を人や物事の屈伸にも適用され、伸張、伸舒というように用いられる。
ということで、丙申を合わせて考えると、昨年まで土の中でもがきながら屈折していた芽が地上にあらわれ、エネルギッシュに更に伸びていく年ということが言えるのではないかと思う。ただ、冂(かこい)の話もあったように、エネルギーが過度に注入され有頂天に拡大していると突然陽気が遮られ、衰退していく可能性もあるので、慎重に進めながら発展させていくと良い年になるのではないかということである。

60年前の丙申の年は1956年(昭和31年)。この年は同年発行された経済白書で「もはや戦後ではない」と書かれ、前年1955年から始まった神武景気が本格化し、冷蔵庫・洗濯機・白黒テレビを三種の神器と言い始め、経済がこの年から本格的に成長基調になった年でした。また外交的には日ソ共同宣言が調印され国際連合に加盟したのもこの年で、やはり丙申の年は前年までに膨らみ始めていた芽が伸張する年と考えられる。

以上のことから、今年2016年を予測すると、引き続き経済については堅調に伸びていくものと思われ、前年までの輸出関連の伸びが更に進み、原油価格の低価格化や原子力発電の再開などによる輸入減少で貿易黒字の伸展もあるし、また、2020年のオリンピックに向けた内需もあるため、国内景気は引き続き上昇するものと考えられる。ただし、中国や中東などの動向が不安定要因となり、また消費税やTPPの関係で夏以降の相場は不安定になる可能性があります。

また、ひのえ(火兄)ということもあり、火のエネルギーは強く、120年前の明治29年には函館大火(2200戸焼失)や越前勝山町大火(1200戸焼失)が発生している。60年前の昭和31年にも富山魚津大火(1583戸焼失)などが発生しており、火の災害が予想される。現代では大火は発生しにくいと思われるものの昨年同様、火山の活動が活発化する可能性は捨てきれない状況です。

外交的には昨年末の慰安婦問題日韓合意を受けて、韓国との関係は改善に向かい、嫌韓ムードは退潮するのではないかと予測します。また年末年始のプーチン大統領の行動からロシアとも北方領土で何らかの伸展があるのではないかと考えられます。中国については引き続き近隣諸国との関係を強化(特に韓国)し領土的野心を抑えこむ方向に進むと思われるものの不安定な状況は引き続きつづくものと思われ、経済的な関係においても夏以降変化があると思われます。また、中東の動きは中国以上に世界経済の不安要素になり、夏以降の相場の下落を引き起こす原因になる可能性があります。

国内の動きとしては、国民全体が内向き志向になってきており、現状維持を願う勢力が台頭してきているものの、今や世界はボーダーレスになってきており、欧米の動きも日本に直接関係してくる時代になっているため、日本の成長を阻害している原因を国内に求めて内部攻撃をするのではなく、目を外に向けて世界的な視野で国民一人ひとりが行動しなければならないのではないかと思います。

以上、本年は政治的にはまだまだ不安定要素があるものの、引き続き景気が回復し伸展する年と予測します。ただ、特に経済は国民の気持ちに左右される面が大きく、実際のサラリーマン世帯の所得増加が現実化しないことには、景気も減衰する可能性も残されており、政治家はもちろんのこと、各企業の経営者が夢を持って新しい未来に歩を進められるかどうかが鍵になるのではないかと思います。
政治・経済 | comments(0) | trackbacks(0)

インドで僕も考えた



インドは北京よりもPM2.5が酷いらしいというのは聞いていたのだが、こんなに酷くなってるとは思わなかった。寒くなるこの時期暖房のために焚き火をするのが原因らしいが、それにしても酷い煙霧だ。



あと、ニューデリーに向かう道の歩道にあたる部分がかなり汚い。



火山灰のようなPM2.5が草を覆い、歩道は砂だらけの感じ。しかもゴミは溜まり放題。その合間を野良犬がひょこひょこと走り、野良牛が悠然と人々の間をのしのしと歩いていく。



これを日本のような街並みにするにはとてつもなく時間がかかる気がする。

しかしながら一方きらびやかなモールもあったりする。




開発できるところは開発し、外観は後回しにしているのかもしれない。

ニューデリー市内は外観からは想像がつかないが綺麗な地下鉄網もしっかりと出来ていて、かなり便利になっている。

道端に立って所在無げにしている人や、道の分離帯の中で生活している人がいる反面、国としては矛盾を抱えながらも発展している感じだ。(まだ下書き中)

- | comments(0) | trackbacks(0)

【読書日記】「この世界の片隅に」こうの史代

JUGEMテーマ:読書

「この世界の片隅に」という漫画を上中下三巻買って読んだ。

彼女の作品では、前に「夕凪の街 桜の園」というのを読んだことがある。広島原爆のことを書いたもので、主人公は結局原爆症で亡くなっていくのだが、原爆投下前からの生活から投下後の様子、および原爆症の後遺症で主人公の目がだんだん見えなくなっていく様子を含めを淡々と語る内容だったが、この「この世界の片隅に」も主人公すずの子供の時(昭和9年)の話がプロローグとしてあり、本編は昭和18年にすずが広島から呉へ嫁ぐ話から始まり、日記風に淡々と時代の状況を伝える内容になっている。

すずが嫁いだ呉は日本の軍艦を作っていた呉海軍工廠のある街で、戦争時には呉工廠だけでなく隣の広村に広工廠、第11航空廠が設置され大きくなり、その結果広島原爆の前に大空襲があった街でもある。

漫画は途中、時代の風景を描きながらも庶民たちの生活を淡々と描いており、漫画の合間に「愛國いろはかるた」や「とんとんとんからりんと隣組」の歌の解説があったりして、戦争時代の状況が手に取るようにわかるようになっている。

空襲の時に姪っ子の晴美が亡くなってしまうシーンや街が焼きつくされてしまうシーンが描かれ、住んでいた広島には原爆投下と…淡々と流れていたストーリーの中で酷い内容が終戦に向けて描かれている。

戦争のことを語り継ぎ、二度と戦争を起こさないためにも、無謀な戦いを挑む勢力に対して日本はこれからは毅然と対応していかねばならないのだと思う。「安保反対、9条を守れ!」と唱えるだけでは平和は来ないのだと思う。
読書 | comments(0) | trackbacks(0)

香港

香港に出張。

仕事なので観光地は行ってないのだけれど、夕飯を食べに行く前に少し、街を撮ってみました。


名前がSUZUKIなので思わず撮りました。


香港駅から一駅の上環という街です。


唯一食べた香港料理「シャコエビのにんにくチリ揚げ」です。
巨大シャコエビの上に載ってるのはミンチではなくニンニクなのです。
えらい元気になりました。


翌朝帰ったので、もったいなかったです。観光したかったな−。
- | comments(0) | trackbacks(0)

自分の目で見て、自分で考えよ。

韓国や中国が歴史認識で日本を攻撃しているが、「君たち自分の目で見たのか?」と問いただしたくなる。

歴史ほど後世の人間に書き換えられるものはなく、何が本当なのかは結局「闇の中」である。歴史認識はどこまで行っても他国と折り合うことはないのだ。だから、問題解決には自国の歴史観を相手国に押し付けるのはやめるというルールを作るしかないと思う。どこの国も自国に有利なように歴史を書き換えるのは仕方ない(日本は自虐的なのでそうでもないが…)がそれを押し付けるのはやめてほしいと思う。

個人的に今、古代史の研究をしているのだが、日本書紀や古事記を読んでいると、執筆担当の藤原氏がかなりの部分を史実を歪めて書き換えているため、天皇家の成り立ちや、聖徳太子、蘇我氏の実態は推定するしかない。基本的には革命で成り立った政権は過去の政権を否定し自分たちを正当化するように捏造する可能性が高い。

話変わって、レベルは低い話だが、
会社の中では人の評価を「うわさ話」で決めてしまう上司がいる。告げ口やうわさ話を信じるのもおかしな話だが、「自分の目で見て、自分の頭で考える」というクセを僕らはしっかりとつけていくべきだと思う。

現場の実態は、現場に行かないと見えない。報告だけを信じて判断していては判断ミスを犯すことが多い。昔の帝国陸軍などの作戦失敗を見ても「報告」を鵜呑みにして、現場をちゃんと見ずに決めてしまったのではないかという例が多い。

だからといって、社長が現場に行けばいいのかというとそうでもない。東日本大震災の福島原発事故前の無駄な総理の訪問にも見えるように、トップの訪問のために無駄な作業が増えるケースが多い。現場を監督する人間にしっかりした人物をあて、真実が報告される仕組みをつくっていかなければいけないと思う。

日本経済が上向きになっているとマスコミは言うが、失われた20年以降壊滅的になった現場の状態はまだあまり改善されていないと思う。ベテランが活用されていなさすぎる。

日本企業は昔からゼネラリストを好み、部署を多く経験させて出世させるということをやっていたが、そういうのはこれからはやめたほうが良いと思う。何故なら各現場での現場力が今まで以上に必要だからだ。世の中はものすごいスピードで変わっており「事件は現場で起こる」ことが多いのだ。だから現場をとことん経験する必要がある。ころころ部署を変わるのがわかってしまうと、ベテランのノウハウを身につけようとせず「どうせ3年で異動だから」みたいな感じで仕事が上の空になる。目の前の仕事をきっちりとしてその分野のプロになることを目指すべきだと思う。もちろん向き不向きが人それぞれにあるので、見極めは必要だと思う。

ある分野を極めると、その他の分野も見えるようになってくる。いくつかのプロジェクトを成功させたことのある人は、どんなプロジェクトであっても(たとえ専門外であっても)注力すべき勘所がわかるし、リスクも見えるようになってくる。なので、昔のようにころころ部署を変えるのではなく、各々の人材を専門家として登用すべきだと思うのだ。

そうやって現場のプロを養成し、現場でしっかりと判断できるようになれば、本人も自信がつくし、「報告」も嘘を書かずに率直に正しい内容を書くようになってくる。現場を長く経験し、いくつかのプロジェクトを成功させた人は、出世してトップになっても現場からの「嘘」を見抜けるようになっているだろうし、何か問題が起こる前に、事前に問題をキャッチし、間違いない道筋を作ることができる人材になると思う。

手前味噌になるが、私も長くITの仕事をやってきたが、この10年は全くのノートラブルで来ている。長い経験から問題を事前に察知できるし、プロジェクトの途中でもリスクをキャッチでき、プロジェクトの阻害要因をすべて除去できている。そういう意味ではベテランのノウハウの領域に達していると思う。こういう人を企業は多く育てるべきだと思うのだ。

とにかく、仕事として重要なのは、現場に長くいて、その道の専門家になり、「自分の目で見、自分の頭で考える」そういう経験をコツコツと積み重ねていくことなのではないかと思う。
政治・経済 | comments(0) | trackbacks(0)