Wiiリモコンの活用

前回、wiiがすごいという内容のエントリーを書いたが、昨日、会社でそのwiiリモコンを使った実験を見せてもらった。

内容はこちらのyoutubeで説明されているものと同じだが(→実験映像)非常に面白かった。

wiiのリモコンを赤外線カメラとして利用し、そのカメラが認識している範囲に赤外線を発生させるペンを動かすと、そのペンがマウスというかタブレットペンの代わりになるようなイメージだ。PCの画面をプロジェクタで映し出せば、PCの操作をそのペンでできるという具合だ。

この赤外線発生ペン、アメリカでは6ドル程度で売られているようで、wiiリモコンと会わせて2000円程度でこういうプレゼン環境が整う。

安価で面白い技術を日本の製品を使ってアメリカ人が考えているのがちょっと悔しいですね。「 wii whiteboard 」で検索すると上記映像をはじめいろいろヒットするがどれもアメリカ発です。
仕事の道具 | comments(0) | trackbacks(0)

モレスキン手帳の活用方法

HI3A0203-0001.jpg

モレスキン手帳のページにパワーポイントの資料を貼付けた。パワーポイントの印刷設定で資料6枚印刷を指定すると大きさがちょうどよい。

今、ビジネスノウハウに関してパワーポイントの資料にまとめているのだが、これで覚えたいことを手帳に貼付けては持ち歩けるようになった。ちょっとしたことで手帳の活用ができるのだが、ネタが増えてくると貼付けるページがなくなってしまうという問題もある。スケジュール手帳とは別にノートだけの手帳を買うべきだったかも。。。

とはいえ、まだまだページに余裕があるので、このやり方で当面は進めようと思います。モレスキンの手帳は長続きしそうです。どんどん愛着がわいてきます。
仕事の道具 | comments(0) | trackbacks(0)

来年の手帳

HI3A0097-0001.jpg

結局今年と同じ手帳を買った。HIGHTIDEのSTATIONER。
一日が縦に並んでいて30分ごとのスケジュールを書き込めるので便利な一品。これにメモの分量がもう少しあると申し分ないのだが、ちょっと少ない。その少ないメモを「ほぼ日手帳」の別冊メモを挟み込むことで代用している。

仕事のスケジュールはOutlookの予定表を使っているので、わざわざ転記しなければいけないのだが使っている。出先ではネット接続よりは紙の手帳の方がスピードが早いからだ。どうしてもざくっとスケジュールを立てるには紙の方が良いのだ。

IT全盛の時代だが、重要なところはアナログの方が良い。会社のサーバだっていつ壊れるかわからない。電気が止まればコンピュータは動かない。便利なようで、新しいものは役に立たなくなることが多い。電気製品は全部電気が前提だし、車もガソリンがなければ動かない。ガスコンロも、風呂も、扇風機もエアコンもテレビもパソコンもゲームも考えてみれば、日常使っているものはほとんど役に立たない。

ボーイスカウトを去年までやっていたが、火をおこし、薪を燃やし、ご飯を作り、テントに寝て、自分の足で歩く(または自転車で移動する)といった活動だ。サバイバルというほどでもないが、こういう経験をしていないといざという時に生きる力がなくなるのではないかと思う。その活動の中でも食材はスーパーで買ってきたものを使っていた。食材まで自給しようとするとこれは大変だ。

日本は平和な時代が長く続きすぎて少し惚けてきているが、独立国として維持して行くには食料の自給が大切だ。資源の調達も必要だが、一番大事なのは食料だと思う。ボーイスカウトのキャンプなんて1日中飯のことを考えていたような気がする。これは水木しげるさんの戦時中を回想したマンガにも描かれていたが、とにかく食料が一番大切だ。

手帳の話からずいぶんそれてきたが、このままぼんやりした政治家に国家をまかしていていたら日本の行く末は厳しい。まずは食料を自給し、エネルギー資源の自主開発が必要だと思う。

手帳にくだらない仕事の予定を書くよりも、国がどうあるべきかの処方箋を書いていかねばならないと思う今日この頃、こういう危機感が政府与党にはあるのだろうかと、今日も少しぼやいてみたりするのだ。



仕事の道具 | comments(0) | trackbacks(0)

RSSリーダー

bloglinesというRSSリーダーを使っていたのだが、自分のBLOGが更新されないという不具合が解消されなかった。で「PAIPO READER」というものを使ってみた。

このリーダーだと自分のBLOGももちろん更新されるし、登録したBLOGの更新状況がメイン画面に表示されるので使い易い。

日本人が作ったものってやっぱり使い易いと思う。会社は某M社製品ばかりだが、なんでこんな仕組みになってるの???と疑問符ばかりが日々、頭の周りを回っている。それでいて高かったりする。安くてよいソフトを本気で探せば、結構会社のコストダウンにつながるのではないかなあと思ったりしている。

そろそろ本腰を入れて、会社のソフトを入れ替えて、安くて良いシステムを作って行こうかなあと思う今日この頃なのだ。
仕事の道具 | comments(0) | trackbacks(0)

Wiiのネット接続

Wii
Wii

Wiiの接続をやってみた。

この前買ったマック用のUSB無線LANアダプダをWindowsパソコンにつなげてアクセスポイントの代わりにセットしてみた。

いはやはうまくいきました!無線LANルータ買おうかどうか迷ってたので、買わずに済んだ。

ただ、最初無線接続ができたまではよかったのだが、「Wii本体を更新しますか?」と聞いてきたので何気なく「はい」と押すと、「Wii本体を更新しています。電源を切らずにそのままお待ちください」の画面が出たまま何分待っても更新のバーが進まない。かれこれ1時間くらい経った頃、これはちょっとおかしいなあと思い、Wii本体をPCに近づけたところあっという間に更新が済んだ。なんだかちょっと意味のない無線LANのような…。

それにしても「お天気チャンネル」も「ニュースチャンネル」も結構面白い。ニュースは流してみることもできるし、そのたびに地図上のどこかを点滅させる。結構地理のお勉強にもなったりする。

お天気チャンネルにも地球儀というのがあって、地域ごとの天気がわかるのだが、操作が軽快でajaxを使っているのかコントローラを動かすだけで地図が切れ目なくグイーーンと動かすことができる。

いやはや任天堂の製品はすばらしい。仕事の道具もこういうインターフェースにしなきゃね。

仕事の道具 | comments(0) | trackbacks(0)

iBook G3で無線LAN

20061001_257118.jpg

自宅では旧型のiBookを使っている。G3の500MHzのものだ。もう5年以上たつこのパソコンだが当然無線LANは内蔵されておらず、当時はまだ高嶺の花だったAirMacカードは買えなかった。そのうちに買おう買おうと思っていたのだが、規格が変わって今appleで売っているものは使えない状態になってしまった。

しかし、このパソコン、最新OSに変えても問題なく動くし、インターネットとメールしか使わない私にとっては、まだ十分使えるのだ。無線LANがないので外で使えないからなあ…と思っていたところ。

うれしいことにUSBメモリみたいな無線LAN子機で、かつMacでも動くというものが発売された。写真がそれで、プラネックスコミュニケーションズという会社のGW−US54GXSという製品。いや〜すばらしい。ちゃんと動きます!

この製品、ネットにつながっているpcに接続すると逆に親機にもなるそうで、すごく便利。パッケージに同梱されていたUSBの延長ケーブルがこれまたありがたい。今までiBookのマウスのケーブルが短かったので、これをつけるとちょうど良い長さに。(本来の使い方と違うけど)

こんなに便利なのに、お値段は税込4000円以下!古いMacをお持ちの方には朗報ですね。ホント。今このブログも無線LANで更新しております。
仕事の道具 | comments(2) | trackbacks(0)

結局HIGHTIDEの手帳を買った

20060925_254436.jpg

来年は「ほぼ日手帳」と能率手帳キャレルと宣言していたのだが、キャレルのかわりに写真のHIGHTIDE「STATIONER」というのを通りがかった文房具屋で衝動買いしてしまいました。

大きさはキャレルと同じ文庫本サイズで、1日の予定も縦に書けるのでキャレルと同じ、表紙が固いのとモールスキンみたいにゴムバンドで止めれるのがよろしくて、思わず買ってしまいました。

今日9月25日から来年の12月まで書けるので、明日からキャレルから変更しようかなあ…などと思ってしまう。が、やっぱり我慢して12月から「ほぼ日」と一緒に使い始めることにしよう。

こういう文房具を買うと、仕事が劇的に進むわけでもないのに、なんだかわくわくするんだよね。


仕事の道具 | comments(0) | trackbacks(0)

来年の手帳

手帳にはこだわりがあって、なかなかこれと決められない。一昨年は「ほぼ日手帳」去年はHIGH-TIDEの手帳、今年は能率手帳キャレルを使っている。一日が縦に表示されていて1週間表示されているのがスケジュール管理には便利なので、この能率手帳キャレルで来年も行こうと思うのだけれど、1日のスケジュールだけで、そこで発生したドラマまでは書ききれない。

そこで、来年はこのキャレルと「ほぼ日手帳2007」を併用しようかなと思案中。スケジュール管理は能率手帳で、そこで発生したことや、一日の感想やらを日記として「ほぼ日手帳」に書こうかなと…。

どちらも大きさが文庫本サイズなので、会議にはこの2つを持ち歩くという形になるだろうか。。でも落書き用のA4ノートも相変わらず使うかな?

なかなか仕事のやり方が決まらないのだけれど、日記を書くということは大切なので、日記と割り切って、この「ほぼ日手帳」を使おうと決意し、結局、先ほど申し込みました。(本体のみ、カバーは前のでいいかなと…。)
仕事の道具 | comments(0) | trackbacks(1)