アメリカ出張日記(6日目)

出張ではほとんど歩くこともなく、毎日毎晩食べ過ぎ飲み過ぎなので、一念発起し、早朝のホテル界隈を歩いてみることにしました。 

泊まってるホテルはTeaneck Marriott at GlenPointeというところ。

まあ、なんとなく格好イイホテルですが、周りにコンビニとかスーパーとかそういう便利なものが何もありません。でっかい道路と住宅だけです。

それでもちょっと行ったところに公園があったはずだったので、そこを目指して歩いて見ることに…。ホテルの写真の右側は住宅街になっていて、こんな感じ。

朝6時なので誰もいません。たしかこの写真の右手1キロくらいのところに公園があったはずと思い、歩きはじめたもののなかなか到着せず、行き止まりになってたり、犬に吠えられたりとかして、なかなか思うようにいきません。誰もいない道で犬に吠えられるのはちょっと恐怖感ありますな。人ごみが大嫌いな僕ですが、誰もいないのもちょっとイヤです…。

で、とある民家の前を通ろうと思ったところ、でっかいリスが道を横切りました。シマリスしかみたことがないので、一体何が通過したのか一瞬わかりませんでしたが、リスなんですね、これが。ロッキーチャックのような(あれは野ねずみだったかな…?)大きな野生のリスがここニュージャージには結構いるみたいです。
↑写真にしゃちゃうと小さく見えますが、(どこかわからんですか?)結構でかいんですよ。

公園はみつからなかったもののそれでも小一時間散歩し、ほんのすこしだけ運動不足を解消しました。

で、本日はアメリカでの取材最終日。

ちょこっとだけ、会議の雰囲気をご紹介するとこんな感じ。

説明してる人が持っているのは、富士通製のタブレットPC。2週間前から作り出して、もうプロトが出来てるとのことで、開発能力が高いなあと感心しきりであります。
アメリカはベンダーに発注するという思想がなくて、内製化が一般的なんです。このほうが開発はめちゃくちゃ早いです。

で、午後には「らーめん山頭火」のしおらーめんセットを食べ、ルンルン気分で職場に車で戻る途上のハイウェイで、新車を運んでいるトレーラーがモクモクと煙をあげて炎上しており大変でした。えらく炎の勢いが強く、横を通過するときにあろうことか二次爆発も起きてドーーンと部品やら何かが垂直に飛び上がっていました。いやはや、生きた心地がしなかったです。

午後の打ち合わせが終わって打ち上げのディナー会場に向かう途上、燃えきったトレーラーが道に止まっているのを発見。

まあ、なんかすごいことになってますが、僕らが見た時には後方の車上下2台だけが炎上していたのですが、結局その前の2台もしっかり焼き焦げておりました。しかし引っ張ってるだけの車が何故炎上したのかは不明です。

夕食会場はThe River Palm Terrace っていうちょっと高級なアメリカンステーキのお店。ステーキだけにすごく素敵なお店でしたよ。駐車場に停まってる車が左からマセラティ、BMW、ベンツ、ベンツ、レクサス、レクサス、ベンツ…と超ハイソサエティな感じでありました。

まずは前菜

これだけで僕的には十分なのですが、このあと大量のサラダが出て、メインのお肉はこんな感じ。

ぎょぎょギョなんだコレ(@_@。真っ黒だしでっかい〜。大きさが写真では表せませんが、かなりデカかったです。ましかし、美味しかったです。

〆のデザートはこんな感じで超甘口。

あめりか出張最後の晩なので、結構贅沢させていただきました〜。
あああ、それにしても美味しかった〜。

ということで、アメリカでの仕事は今日で終わり、明日土曜日はオフということで、ニューヨークはメトロポリタン美術館を訪れる予定です。

それでは See you again(^_^)/
写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)

アメリカ出張日記(4日目、5日目)

出張も4日目になるとかなり生活に慣れてきて(英語は慣れないけど…。)要領よくやれるようになってきました。

ま、あいかわらず、朝から英語のシャワーを浴びることになるのだけれど、IT関連の話は不思議な事に雰囲気でわかるので、すべてが聞き取れなくてもポイントはつかめる。

それにしても、日本語は母音中心で非常に明瞭な発音の言語なのに対して、英語はなんかものすごく訛ってる気がする。なんでそんなに変な発音をするのだろうか?と…。

ま、それでも4日もいると結構慣れてきて、英語に対してビビることはなくなってきました。そもそも耳が悪くて補聴器をしているくらいなので、英語のヒアリングなど無理に決まっているのだ!と開き直れております。

4日目はあまりトピックもなく仕事ばかりしていたので、5日目のお話に移ります。

5日目の今日は、午後からニューヨークに移動、マンハッタンのミッドタウンウエストに行き、現場の取材に。5時に終わったあとは怪しげなBARで一杯飲んだあと、なんと「ヤンキースタジアム」へヤンキース対ホワイトソックスの試合を観に行く事に。

ミッドタウン・ウエストから歩いて7番街に向かうと、なんだか街の雰囲気が良い感じ。もうちょっとこのあたりを散策したかったのですが、とりあえず、今日はヤンキースタジアムなのだということで、地下鉄を降りて一路ヤンキースタジアムへ!

なお、チケットの取り方がわからなかったのですが、昼休みに、ヤンキース公式サイトに入ると、「Seating & Pricing」というところがあったので、そのままクリックしていくと、なんとインターネットでチケットが購入できることが判明。昼休みの短い休憩時間に安い席を探して予約完了!座席の販売状況までリアルタイムに確認できるので、端っこの席をとった。

チケットの引換方法は、予約完了後到着するメールからReceiptを印刷し、ヤンキースタジアムのチケット売り場の「Will Call」の窓口で決済したクレジットカードと一緒に渡すと、チケットと引き換えてくれる。サイトで検索すると、「予約番号」と「クレジットカード」と「パスポート」の3点と書いてあるが、「予約番号」を口頭で言っても通じないので、やっぱりReceiptを印刷した方がいいと思うし、パスポートは特に提示を求められませんでした。サイト検索によれば「治安が悪い」とかなんだとか書いてましたが、なかなかどうして、スタジアムの周りは非常に良い感じでした。サイトはあんまり信用せず、自分でやってみることが大事だなと思った次第。


ということで、ヤンキースタジアムへ。改修して3年なので結構綺麗な球場でした。入り口で荷物検査をして、中へ。

23ドル(1800円くらい?)の最上階の席なんですが、甲子園と違って一人分の椅子の大きさも大きいし、意外に近くに見えるので非常に良かったです!


試合はヤンキースが3−1で勝っていたのに、9回表にピッチャーゴロの処理をあやまりダブルプレイをふいにし、ノーアウト1、3塁からホームランを打たれ逆転されるというヤンキースにとっては悪夢の展開。

が、ファンは冷静で、阪神みたいに怒号もなく、淡々と終了。途中7回には風船飛ばすことはなかったのでが、全員起立してアメリカ国家斉唱でした。高揚感のある曲でイイ感じでした。君が代だとちょっと雰囲気が出ないですね。

試合後、超満員の地下鉄に乗り、いつものオーソリティーバスターミナルからホテルに帰ったのですが、途中大渋滞に巻き込まれ、ホテル到着はなんと午前1時!

いやはや大変でありました。。。明日も仕事なんですけど。。。

ということで、仕事をしているのか何をしているのかわからない状況の今日一日でありましたが、ニュージャージーの夜は今日も更けていくのであります。

ではでは See you Tomorrow (^_^)/
写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)

アメリカ出張日記(3日目)

出張3日目の今日も朝から英語のシャワーを浴び続ける。この出張はひょっとして英語の研修なのでしょうか…?

と、ぼやいてみても仕方なく、わからなかったことを何度も聞き返す。質問の英語は用意できるので結構容易で、「Who make this …?」とか「What do you mean that …?」みたいな聞き方で質問できる。が返ってきたAnswerがこれまた聞き取れない。。。。う〜〜ん。

とにかくリスニングを頑張らなくちゃ…。

という感じで、お仕事もがんばっております。

話変わって、朝食の話だけれど、ホテルに朝食がついておらず、もっぱら会社の下にあるカフェテリアで食べてます。(こんなとこ↓)

結構安くて、デニッシュとコーヒーだと2.8ドル(224円)。朝はすいているので、めちゃのんびりできます。初日はオムレツとマッシュポテトの朝食を食べたのですが、これが大量すぎてお腹がはちきれそうでした。それでもコーヒーセットで4ドル程度、安い!

会社そのものはこんな感じで、ここの5階6階に入居してます。(中は秘密!めちゃ綺麗)

今日は、午前中英語のシャワーを浴びたあと、午後からデータセンター見学へ。ニュージャージーなので道路の遥か向こう側にちっちゃくマンハッタンが見えます。
↑ エンパイアステートビルがかすかに…見えへんか。。。。

見学したデータセンターは日本の会社なので、説明が全部日本人でかつ日本語。なんか意外に違和感ありまくり。日本にいる感覚になってしまうので、わからなくてもいいので英語で説明して欲しいなとなんとなく贅沢にもそう思いました。

で、なんだかんだで1日の仕事が終わり、夜は行きたかった「日系スーパーMITSUWA」をこちらに駐在している別の部署のメンバーに案内してもらいました。

スーパーの中は完全に日本の感じで、こんな感じ。(イマイチわかりませんな…)

フードコートには「らーめん山頭火」や

凮月堂とかもあります。

一番驚くのがビールの安さ!

なんとスーパードライもサッポロ黒ラベルも1ケース(350ml24缶入り)22.99ドルということで1缶1ドルしない(約77円)のでありまするよ。日本の酒税ってめちゃ高いです。

夕飯はこのスーパーのフードコートで「一口カツ御膳」を注文。普通に日本語で「一口カツ御膳」と言ったのが通じたので結構嬉しかったです。(店の注文に苦労しているので…)

このスーパーはハドソン川に面しているので、買い物が終わってからちょっとマンハッタンを眺めてみようということで川岸に行ったところ、川の中からサギのような、しかし図体のでかい名前のわからない鳥が次々とこちらにノソノソと歩いてくる。

無視して写真を撮っていると、10羽くらいがどんどん近寄ってきて、はっきり言って餌を要求している感じでありました。

「おいおい近すぎるで!」と叫んだのですが、さすがに日本語は通じないのか、無視して更に近寄ってくる。とっさに英語が出ないのが辛いですが、ま、出たところで通じないとは思いますが、柵の近くのホントに手の届くところで一旦停止し、モグモグと何かを食ってる動作を繰り返すのですが、ほっといたところ、その10羽の集団は勝手に次の標的を目指して右方向に移動していきました。なんちゅう鳥やねん。。。

と、あほな鳥の相手をしているうちに向こう岸(マンハッタン側)が夕日に照らされて綺麗になったので、ちょっとばかし写真を撮ってみました。写真だとわかりにくいですが、実物は本当に綺麗でしたよ。


今は夏至が過ぎたばかりなので、日が暮れるのが遅くて、8時半くらいでこんな感じ。完全に日が落ちるのは9時半くらいです。

ということで、その後、ホテルに戻りましたが、またバーで飲みまくったので、せっかく買った1リットルのスーパードライはまだ手をつけておりません。部屋のみするにもデカ過ぎです。
(隣のサッポロビールもでかいのでわかりにくいですが、ホントめちゃでかいんです。)

ということで、またまたニュージャージーの夜は更けていくのであります。

ではまた。See you again(^_^)/


写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)

アメリカ出張日記(2日目)

NYで歩き疲れて、11時に倒れるように寝たのですが、お決まりのようにやっぱりものすごいJet Lagで、2時に目が覚めてしまいました。(アメリカに来るとなぜか2時頃目がさめちゃうんだよな…。)

ということで今回は強制的に寝れるようにと、昨日「Warehouse Wines & Spirits」というところで仕入れた「Maker's Mark」で深夜に一杯。これでまた少し寝れました…。

ぐっすり眠れたあと、いよいよ出張初日。こちらのITセクションの人たちと情報共有をするんだけど、いきなり朝一から英語での打ち合わせ。

「まずは自己紹介から」なんてことを言われて、話始めたものの、思ったように単語が出てこず、結構難しいなあと思った。下手に笑わせようとしたので、余計意味不明の自己紹介になってしまいましたが、それなりにウケたようです。(ウケんでもいいねん…。)

その後はIT関連で話のスジがわかるところはだいたい理解できるものの、なかなか英語の発音をすべて聞き取るのは難しいなと感じた。単語だけでも拾えれば違うんだけど…。が、こちらのリーダーがそのあたりはよく理解されていて、ホワイトボードに書きながら進めてくれるのででなんとかなりましたが…。

でもやっぱり言ってることの8割ぐらいは聞き取りたいなという気がしてきた。(今はホワイトボードなしでは2割もわからない(T_T))リスニングを頑張らねば…。

そうこう悩んでいるうちに昼ごはんは中華料理店へ!(美味し〜!かったのですが写真を撮るの忘れました。)なお、ライスがインディカ米のような長細いコメでしたが、中華料理ってこの米でしたっけ。。。

昼からは日本語が多く、なんとかなりましたが、あれだけ寝たのにやっぱり「時差ボケ」が発生し、3時半くらいからもう全然ダメでした。急に腹の調子も悪くなり(冷房が効き過ぎなんだもの)、「頭痛」、「腹痛」、「眠気」、「寒気」の四重苦で死にそうでした。

が、なぜか夕飯のイタリアンでは元気がもりもり復活し、ムール貝やら、パスタを大量に食べ、満腹状態でへらへら笑っていたからなのか、デザートのチョコムースの上にはサービスで店員さんがスマイルを描いてくれました。ちょっと笑い過ぎで目から涙がでてますが。。。

ということで、なんだかんだで出張2日目は楽しく過ぎていくのでした。(このあと、またまたホテルのバーで飲んじゃいました。あかん体重計が怖い。。。。)
写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)

アメリカ出張日記(1日目その2)

(出張とかいいながら観光しかしてませんが、)空港到着後、一旦NJ(ニュージャージー)の本社近くのホテル(Marriott Teaneck)にチェックインしたあと、NYに もう一回戻ることに。

ニューヨーク州とニュージャージ州はハドソン川を隔ててお隣なのですが、(大阪市と尼崎市みたいな関係?)ところが、川一本で州が違うだけで、マンハッタン内では便利な地下鉄とか市バスが繋がっておらず、車がなければ、非常に移動が不便です。タクシーも州をまたぐとかなり高額になり、おすすめできません。

唯一、旅行客に評判が良いのが「NJトランジット」というバスでの移動という手段になります。料金は4ドル25セント(340円)と非常にリーズナブルなお値段。

で、ホテルの横にあるバス停から向かうことに。ところが待てど暮らせどやってこない。1時22分発が15分すぎても全く来ない。隣の夫婦もあきれて話しかけてくる。「To New York?」「Really?」とかの簡単単語なので非常にわかりやすい。

こっちの国の人でもやっぱり不安なのねと、妙に安心し、待ってると30分遅れでやってきた。チップとか不安なのだけど、こういうバスはきっかり4ドル25セントで大丈夫だ。

このバスに乗ると30分程度で、Port Authority Bus Terminalというタイムズスクエアにすぐというところに到着する。そこからは銀行時代のY氏に電話をし、会うことに。

指定されたWest 4th Street駅に地下鉄で向かう。で、この近くのJone's Pizzeriaというところでピザを食べることに。スモールサイズって書いてたので2種類頼んだところドーンとこんなものが出てきました。


おいおい、どこがスモールやねん。っていう感じでありました。お腹が空いていたのに、食べても食べても減りません。(日本時間の朝4時だもんね)

ピザを堪能したあと、近くに美味しいカップケーキ屋さんがあるというので歩いて行くと、なんだかものすごいパレードに出くわしてしまいました。

何のパレードかと思ったら「ゲイ」のパレード(・・?…らしい。アメリカは同性愛を公式に認めているのですが、それにしてもなんでみんなこんなに盛り上がっているのでしょうかというくらい人がいっぱい。


ということで、この大騒ぎのパレードの向こう側にあるカップケーキ屋さんは断念し、反対側のワシントン・スクエアの方に引き返すことに。

ニューヨークではじめて「カプチーノ」を作ったという店に。こぢんまりした店内ですが、結構歴史があるお店なんだそうです。Caffe Reggioというお店でワシントン・スクエアの近くにあります。
店内にシナモンの香りが立ち込めていて、なかなか雰囲気の良いお店でした。

このあと、ワシントン・スクエアに立ち寄り、タイムズスクエアへ移動。
ワシントン・スクエアはマンハッタンの中心線である5th Avenue(5番街)の起点(南側)になっている公園で、数々の映画のロケ地にもなっているところ。この公園にはジャズのストリートミュージシャンが多いんだけど、この日最高に上手かったのは、このドラマー。ドラムだけでお客さんを集めていました。むちゃ上手い。
よく見ると、スネアドラムとハイハット、シンバル一枚、バスドラムとタムタム一つという超最低限セットですが、むちゃくちゃすごい音が出てました。

地下鉄で今度は北上し、ニューヨークといえばここかということでタイムズスクエアへ。

んーー、ニューヨークらしいなあ〜。という感じですが、この時点で歩きすぎており、しかもまだ初日! 大阪の家を出てからかれこれ27時間も経過しており、さすがに疲れて、このあと同行している人たちとの会食をキャンセルすることに…。(だいたい、さっきのピザでお腹は満腹でとてもBBQを食べる気になれず…)

ということで、NY(NJ)の夜は更けていくのでありました。あ〜しんどい。



写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)

アメリカ出張日記(1日目その1)

3年ぶりの海外出張。

今回はアメリカ→イギリス→ドイツと世界一周2週間の旅という、今までやったことのない長期出張であります。

飛行機は初めてのビジネスクラスだったのですが、ANAのビジネスクラスは超快適で、あっという間にJFケネディ空港についてしまいました。

(リクライニングが完全フラットになる座席で非常に快適↓)

機内食も結構よくて、まずは前菜…

続いてサラダ(というかこれがメインかと思った)

なんとメインディッシュはこんなにでかい肉

シメは特製マンゴーパフェ、もうお腹はちきれそう〜。

もう、超満腹状態で、映画を2本ほど…。

一つはアカデミー賞をいくつも受賞した「英国王のスピーチ」、もう一本は「はやぶさ〜遥かなる帰還」両方ともすごく面白い映画でした。
しかも、画面は17インチスクリーンで、今回持参したBOSEのノイズキャンセリングヘッドフォンがこれまた快適で、ほぼ無音状態で映画に没頭できました。(ちなみにビジネスクラスに付属しているヘッドフォンもノイズキャンセリング機能つきでした。が、やっぱりBOSEの方が静寂性が高かったです〜)

ましかし、やっぱり英語は聞き取れず、若干の不安を感じつつ…。睡眠へ。
(ちなみに映画「はやぶさ」の吉岡秀隆が扮しているNEC社員がMacBookを使っているのには驚きました…。自社パソコンだとダメなのかな…。)

シートが完全フルフラットになるので快適に3時間ほど熟睡。(つ∀-)オヤスミー

NY時間の朝7時に朝飯を食べようと、ハンバーガーを注文すると、これまたでかいこんなのが出てきました。(あかん、太りすぎる…)

このあと「ティファニーで朝食」を見たが、やっぱり英語が聞き取れず、更に一回見たことのある「きみに読む物語」という映画を字幕なしの英語のみでリスニングにチャレンジするもさっぱり…。

英語はリスニングが大事だなあと思いつつ、空港に到着。天気は晴れ!快適にホテルまで一旦タクシーで移動。

このあと、バスでNYに出かけるのでありますが、ちょっと会社に行かないといけないので、ここで一旦筆を置きます。(続く)


写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)

堺市にある大型児童館「ビッグバン」は面白い

正月7連休のあと、ちょっと会社に出たものの、そのあとがまた3連休なので正月がずっと続いている感じだ。

3連休の中日の今日は長男は勉強で外出しないので、娘と二人で近所の大型児童館「ビッグバン」に出かけた。この施設、橋下知事の間に廃止の方向性が出ていたものの、なんとかまだ存続していました。

巨大UFO型施設の右側の塔が「遊具の塔」といわれる巨大ジャングルジムになっていて、ここが目当てで今日も出かけたのだけど、子どもが多いと、親が一緒に登るのには狭いため、非常用階段の昇り降りをするということになり、今日も4階から8階(普通のビルの7階分)を7往復もし、いい運動になりましたよ。トホホ…。

ここの4階には昭和の風景を再現したコーナーがあり、僕も好きな場所である。今はあまりみかけなくなったブリキの看板などもある。懐かしいですよね。

路地裏の風景も懐かしい。

最近は金だらいとか、ブリキのバケツは珍しくなってきました。

街並みもそっくり再現しております。こんな食堂は今も時々見かけますが…、

素朴な風景に感じるのはなぜなんでしょうか?車を前提としない、徒歩文化なのが良いのでしょうか?

駄菓子屋なんてのは、最近少なくなってしまいましたが、こういう場所もイイですね。

昭和初期の小学館「小学一年生」なんてのも置いてました。

今年は映画「三丁目の夕日」は1964年が舞台。新幹線が開通し、オリンピックが開催された高度経済成長が始まる年。

実はこの年に僕も生まれた。この昭和の風景コーナーに「誕生日新聞」という自動販売機があったので、生まれた日の新聞を印刷してみた。

この日は自民党の長期政権である佐藤栄作氏が総裁に選ばれる前日だったようだ。一面トップは公害防止のための社会開発計画について。社会党は驚くことに国連重視になっている。あと、ベトナム戦争の最中でサイゴンの政情悪化が伝えられている。

新聞を読むと何が当時問題になっていたのかがわかって面白い。歴史は繰り返すというが、最近は戦前と同じように景気低迷が続き、短命政権が続いている。戦前と同じ歴史をたどってしまうと取り返しがつかなくなってしまう。歴史に学び、未来を変えていく必要があると思う。

それにしても、戦後20年も経たない1964年に日本はとてつもない変革が起きているが、バブル崩壊後のここ20年はいったいみんな何をしていたんだろうというくらい進歩がない。

未来に夢を持っていた当時のことに思いを馳せ、もう一度未来に夢を持って走っていきたいなと思う今日この頃である。
写真日記 | comments(0) | trackbacks(0)

ジョギング2日目にして15キロも走るの巻

ジョギング2日目の今日は、自宅から方違神社、住吉大社、安倍清明神社の三社参りをしたあと天王寺駅へ向かうという約15キロの行程にチャレンジ。

まずは地元履中天皇陵↓

このあと、仁徳天皇陵↓を経由し、

反正天皇陵↓へ

これがいわゆる百舌鳥耳原三陵のジョギングコースなのだけれど、撮影した古墳はなんだかすべて同じ感じなのでどれがどれだかさっぱりわからない…。

反正天皇陵に隣接して方違神社↓がある。
この神社は方違(ほうちがい)神社と読み、字の通り方災除の神社、交通に関する神社として有名で旅行や転居の安全などを祈願する、まあちょっと変わった神社である。僕も東京で転居の際に長男の病気が発症したのだが、それがちょうど鬼門の方角に転居するということで、今考えれば方違えをしておくべきだったと悔やまれる。現代においても、こういうことは後で後悔するので事前にこういう神社にお参りしておくべきだなあと今更感じる次第です…。迷信ではないなあと思うのだ。

このあと、堺市から大阪市に入るのだが、普段は何もない大和川が逆光になっていて、きれいに撮れました↓ なんかカッコイイですよね。

中央左上にカモメも撮れたんだけど、いかんせん、逆光なので黒くなってしまいカラスにしか見えません…。(笑)

この地点で8キロほど走っており、昨日のジョギング記録を突破。結構慣れると走るのも楽しい〜ものです♬

で、そうこうするうちに住吉大社↓に到着。
正月ももう4日経ってるのだけど、ここ住吉大社はまだまだ人が多かったです。写真の時点で4時半なのですが、ぜんぜん人が切れるという感じではなかったです。

(ちなみに住吉大社の本宮はこんな感じ↓)

で、ここまで一生懸命走ったものの、寄り道が過ぎて、目的の安倍清明神社への到着が遅れてしまう(日没になってしまう)可能性があったため、もうちょっと居たかったのだけど住吉大社に長居はせず、思い切り飛ばして目的地に向かう。

かろうじて日没前に「安倍清明神社」に到着。思ったより小ぢんまりした神社でした。

境内の中には安倍清明像の他、信太妻(狐)の像もありましたが、あまりにリアルなので、なんか写真に撮る気にならず鳥居だけにしときました。安倍家の五芒星の家紋が変わってますな…。(ヨーロッパ系なのか…?)

ということで、このあとは天王寺駅まではトボトボと歩き、計15キロ以上のジョギング&ウォーキングを達成(2時間ちょっと)

まあ、走ってみようと思い立って2日目にしてはチャレンジングなコース設定だったのだけど、意外に簡単に走れるものなんだなあと思いました。

また来週、違うコースで15キロほど走ってみようと思ったのでした…。
写真日記 | comments(1) | trackbacks(0)