日本車の顔がなくなっている。

車検の時期が来て、9年も乗ったSTEPWGNを買い換えようかどうか迷ったが、結局車検にすることにした。

セダンを買おうと思ったのだが、HONDAには適当なものがなくなっている。セダンはなんと2車種しかない。その一つであるアコードハイブリッドは大きすぎるし前面のデザインが異様だ。で、もう一つこの冬に新しく出たグレイスは大きさは適当なのだが、どうも優等生っぽくて中途半端なのだ。ドイツのアウディA3セダンはグレイスと形も大きさも似てるのだが、ものすごく購入意欲をそそるデザインになっている。今回このA3セダンを買おうかと思ったのだが、日本のGDP向上のためにも外車ではなくやはり日本車を買いたいのだ。

ドイツ車のアウディやBMWやベンツやVWと比べて日本車は何が違うのか考えたところ、決定的な違いとして、ドイツ車にはメーカーそれぞれの顔がはっきりしているということがあげられると思う。正面から見たデザインに統一性がある。いずれもそれぞれのブランドロゴを前面に出してはっきりとこれはアウディ、これはベンツというのがよくわかる。日本でもNISSAN、MAZDAは最近の車種は顔がはっきりしており、北米でも人気車になっている。(スバルは今回のレガシーで少し変えてしまった。)

一方、日本車特に好きだったHONDAのデザインはどんどん悪くなっている。年々大衆迎合になっており、軽やワゴン車にシフトしてしまい、せっかくのHONDAらしさが失われているような気がする。グレイスに至っては前面から見てHONDAかどうかがよくわからないデザインになってしまっている。もちろん見た目よりは室内は広いし、燃費性能も高く、機能的には良いクルマなのかもしれない。が、購入しようとは思えないデザインである。顔がはっきりしないし、全体的には結局全く美しくないデザインだと思う。

ソニーの凋落原因も似たものがあるが、日本メーカーのものはデザインが悪いと思う。アップル製品が人気なのはデザインが優れていたからであり、そこが他を寄せ付けない強さになっていた。時代は個性の時代になっており、優れたデザイン性を保ちながらはっきりとメーカーのブランドとしての顔を出せるデザインを創造していかねばならなくなってきていると思う。

そういう意味ではソニーのVAIOは大変良かったのに分社化してしまった。Xperiaがどこまでデザイン性を出せるかが勝負だが、この領域はSamsungに水を開けられている。大丈夫だろうか?

これからは機能からデザインに変化してきているものづくりを日本がどうリードできるかが大事だ。なので大学教育も工学系統の中にデザインや芸術の領域をもっと含めていかねばならないのではないかと思う。

 
政治・経済 | comments(0) | trackbacks(0)

円安でも今の日本は輸出が増えない。

JUGEMテーマ:経済全般

現在の為替レートは1ドル120.46円である。異常な安さである。1ドル100円くらいが適正レートだと実感的には感じる。実際、今のレートはあまりに安すぎて、個人的には海外出張をする度に食費がかかりすぎてしまい出張手当を常にオーバーしてしまう状況で個人的にも赤字である。

アベノミクスの狙いとして「円安誘導し輸出を増やそう」という意図があるのだろうが、統計情報を見てみると円安になっても輸出が増えず逆に輸入が増えてGDPを押し下げている。理由の一つが、昔のように原材料を輸入して製品を作って輸出するというような加工貿易になっていないからだ。外国に売るものは国外の現地の工場で作っているケースが多い。特に輸出量の多かった自動車は主力の米国やアジアでは現地生産をしている。なので、日本からの輸出は増えないのだ。

もう一つの理由が、高度経済成長時代のように低付加価値製品の大量生産をしていた時と違い、今の日本は航空機部品の炭素繊維や、スマホ部品など高付加価値製品を作っているため、値段を下げれば売れるというものではなく、一定の輸出が確保された製品を作っている状況のため輸出量が増えないのだ。もちろん、円安なので、従来の価格を維持していれば円建てでの利益は増えるので輸出量は変わらなくても儲け自体は増えているケースが多い。

しかしながら、今のように円安が過ぎると今度は原材料の価格が値上がりするため、逆に価格を上昇させる必要が出てくる。昔のように単純に円安になればGDPが増えるという状況ではないのである。

あと、震災以降電気エネルギーを原子力でなく天然ガスや石油に頼っているため、異常に輸入が増えているため、輸出入のバランスが悪くなって輸入超過状態になっている。

そこに加えて消費税の3%増税により、消費が滞り、全体的に経済的なパフォーマンスが悪くなっているのが日本の今の現状である。

この状態を打破するには、まず円レートを100円前後に戻す必要がある。今のレートはあまりに円安に振れ過ぎであり、輸入に影響を与えている。

あとはデフレの脱却をはかるため意図的に物価を上昇させる必要があると思う。海外に出て感じるのは日本の物価が安すぎるということだ。衣食住全てにおいて割安感があり、本来の適正価格よりも下回っていると感じる。ただ、物価上昇のみが発生すると、今度は更なる消費の減退につながるので賃金上昇と常に同期させる必要がある。そのためにも特に大企業は従来のコストカット重視から脱却し、長期的な利益重視に視点を変更させる必要がある。特に中小企業に対してはこれ以上のコスト削減を依頼するのではなく、むしろ値段を高めに発注するくらいの勢いが必要で、日本全体の賃金アップをはかりながら物価を徐々に上昇させていく必要があると思う。

物価高は結局は資産価値を上げるので、企業の安定化につながる。特に大企業は資産を多く抱えているので資産価値上昇はBSを嵩上げするので利益向上にもつながる。

このように、円レートを1ドル100円に維持しながら、徐々に物価を上昇させるということは大変むずかしいが、「第3の矢」と言葉だけを発するのではなく、具体的に大企業の経営者の意識を変革させていく手法を取る必要がある。

あと、人事制度としての成果主義は撤廃し、賃金のカットや降格など将来の不安を煽るような振る舞いはせず、各人の賃金の安定を経営者が従業員に対して約束し、家や自動車など個人消費を向上させる施策を行うべきだと思うのだ。政府も年金の安定供給を約束する必要がある。給料と年金というこれらの将来への不安が個人消費意欲を減退させているのは間違いない。ここが高度経済成長時代と大きく違うポイントにもなっている。
政治・経済 | comments(0) | trackbacks(0)

2015年 今年の干支は乙未(きのとひつじ、いつび)

今年の干支は乙未(きのと・ひつじ)である。

昨年のブログにも書いたが、甲子から始まる60年のサイクルのうち、昨年は陰陽反転した31年目で、今年が32年目。昨年の予想として下記のように書いた。

「甲午」という文字が表す意味を考えると、前年までに胎動してきた革新への動きが、この年にはその殻を破って大きく出現する年であるが、その変化の動きに反対する勢力も内側から突き上げてくる年になり、その陰の勢力の対処法次第では混乱の幕開けにもなるが、上手くかみあえば、従来にない大変新しい時代のスタートとなる年にもなるということかと思われます。

日本の政治を見れば、2年前の自民党政権誕生から動き出した革新への動きが、昨年は消費税増税による景気の腰折れもあり、反対勢力が足を引っ張る面もあったものの、結局は解散総選挙で与党が大勝となり、予想通り改革続行となった年であった。

が、海外に目を向けるとパラダイムシフトが陰の方向に出現した悲惨な一年で、ロシアによるウクライナ侵攻による国際的秩序の崩壊、過激派集団イスラム国の台頭、北朝鮮内部の血の粛清、アメリカの力の衰退、中国の強引な覇権主義の台頭など、安定政権のドイツと日本を除き混沌とした国際情勢になってきている。

今や海外ともボーダーレスになっており、日本もその国際情勢に飲み込まれるのであるのだが、こんな中、今年「乙未の年」はどのような年になるのだろうか。

まず「乙」「未」それぞれの意味するところを安岡正篤氏の「干支の活学」から引用すると、

「乙」は去年の甲で出した芽が、まだ外界の抵抗が強いために、まっすぐに伸びないで屈折しておる。乙という字は草木の芽が曲がりくねっておる象形文字であります。だから新しい改革創造の歩を進めるけれども、まだまだ外の抵抗力が強い。しかしいかなる抵抗があっても、そんな紆余曲折を経ても、それを進めてゆかねばならぬということであります。

「未」はこれは上の短い一と木から成っておって、一はやはり木の上層部、すなわち枝葉の繁茂を表しておる。ところが枝葉が繁茂すると暗くなるから、未をくらいと読む。未は昧に通ずる。つまり支の「未」は、「暗くしてはいけない、不昧でなければならぬ」ということを我々に教えてくれておるのです。

と書かれている。

これらのことから、今年は改革の流れがまだはっきりとは出現しない上に、旧来の反対勢力である足元が見えていない理想主義者達に翻弄される場面も多いが、未来を信じて日本人みんなが力をあわせて奮闘努力すれば、必ず解決の糸口が見え、発展の兆しが見える年になるのではないかと思います。ただ、海外の混乱は今年も昨年以上に進む可能性が高く、その余波を受けて、日本の進む道に障害が発生する可能性も高いが、謙虚に着実に進むことでそれらの障害を突破でき、そのことにより、日本の国際的地位も更に向上する年になるのではないかと思います。

今年は戦後70年の節目の年であるため、中国との関係がさらに悪化する可能性も高いですが、他国を引きずり降ろそうと過去の悪口ばかりを訴えるような方法ではいずれ誰からも信用されなくなり、日本のように今を誠実に行動していくことが評価されるようになるはず。なので我々も昨年のように中韓を貶めるような言動は慎み、日本人として謙虚に前向きに生きていけばきっと形勢は逆転するものと考えます。

ただ、今後の経済回復には大変な努力が必要で、こればかりは自民党政府に頼っていても埒はあかないものと思われます。政府は外交防衛に力を注ぐのに注力し、我々国民が経済復活の担い手になる必要があるかと思います。消費税増税で腰折れてしまった景気を復活させるには、各企業での賃上げが必要であり、そのためにも個人消費を回復する手段が取られなければならないと思います。バブルの復活とまではいかないまでも、経済は消費のキャッチボールであるので、各個人が消費をし、そのために生産をする、というサイクルを日本国内で循環させなければ日本の成長はないということになります。

また、地方の産業をもう一度復活させるようにお金の配分を行わなければならず、地方銀行の体力を上げ金融面での支援をしていく必要があるかと思います。地場産業の復活による労働人口の分散化、東京一極集中の是正をはからねばならないと思います。自民党政権が地方創生をうたっていますが、地方に入り込んでいかねば今のままのやり方では難しいのではないかと不安を感じます。伝統産業が危機に瀕している面も多々あり、早急に是正が必要だと思います。日本人が過去から脈々と受け継いで来た伝統を我々の代でつぶすことのないよう政策面でも充実させる必要があるのだと思います。

一方、明るいニュースとしては、昨年ぐらいから、日本の製品の性能に対するこだわりが実を結び、造船受注の増加やスマホ部品や航空機部品のMade in Japan率の向上、燃料自動車の開発などなど、徐々に日本が前面に出てくることが増えました。

バブル崩壊後の成果主義、拝金主義で「自分さえ良ければ、自分さえ儲かれば」という風潮が跋扈し、日本が低迷してきましたが、今こそ、パラダイムシフトをはかり、日本人がもともと持っていた「和」のDNAを発揮し、力をあわせて日本全体が成長できる国になれればと思います。

日記 | comments(0) | trackbacks(0)

もう12月30日ですか? 海外出張で明け暮れた一年でした。

JUGEMテーマ:日記・一般

今年はすごい1年だった。海外出張が半端でなく、おかげでJALもANAもダイヤモンドステータスになったけれど、見た目の格好良さとは裏腹に相変わらず英語で苦しんだ一年でもありました。ちょっと出張記録を残しとこうと思います。

【今年の海外出張記録】
2月16日〜28日(13日間) 北米ニュージャージー 打ち合わせ
3月11日〜15日(5日間)  北米ニュージャージー トレーニング
3月16日〜19日(4日間)  ロンドン 打ち合わせ
3月20日〜22日(3日間)  フランクフルト
4月10日〜18日(9日間)  北米ニュージャージー リクルートシステム先行導入
5月18日〜22日(5日間)  フィリピン 会計システム調整
5月31日〜6月8日(9日間) ロンドン トレーニング
6月24日〜7月6日(13日間)北米ニュージャージー 打ち合わせ
7月7日〜7月13日(7日間) 北米ロサンゼルス 全社会議
7月23日〜26日(4日間)  ロンドン 最終調整
7月27日〜8月1日(6日間) ブラジル 打ち合わせ
8月17日〜31日(15日間) 北米ニュージャージー 初回カットオーバー【☆新システム稼働】
10月26日〜29日(4日間) ロンドン【☆新システム稼働】
10月30日〜11月2日(4日間)ブラジル ネットワーク基盤調整
11月9日〜16日(8日間)  東南アジア 打ち合わせ (シンガポール・インド・タイ)
12月4日〜6日(3日間)   シンガポール ネットワーク調整
12月7日〜10日(4日間)  ドイツ デュッセルドルフ、 スペイン マドリード 打ち合わせ
12月11日〜14日(4日間) 北米ニュージャージー 来年度新規システム調整

ということで、合計120日間も海外に行ってたということになります。営業日数が250日と考えると今年は約半分海外に行ってた感じ。自分自身にお疲れ様と言いたいです。「お疲れ様」

それにしても、2年前に構想を開始し、約1年で完成させた「KiDSシステム」を大きなトラブルなくアメリカ、カナダ、メキシコ、イギリス、アイルランドに導入出来たのは感慨深いです。

通常こういう基幹システムの導入時にはいろいろ混乱が発生するのですが、過去の経験から混乱が発生しないように「誰が見ても操作できるシンプルな画面設計」、「従来の画面イメージをなるべく踏襲する」ということを心がけたのが良かったと思っています。稼働当初はやはり問い合わせがあったのですが、その後はすっかり安定し、ノントラブルで稼働中。

来年は毎月のようにどこかの国でカットオーバーするので大変ですが、トラブルなく推進していきたいと思っています。来年の後半はアジアが中心になるので時差ボケは少なくなると同時に、非ネイティブの英語圏なので、ジャパニーズイングリッシュで頑張って行きたいと思っています。

ではでは、みなさまよいお年を。



 
日記 | comments(0) | trackbacks(0)

ベテランを大切にする風潮に戻したい

JUGEMテーマ:ビジネス

バブル崩壊後、日本ではなぜか「成果主義」「実力主義」「個人主義」の風潮が出てきて、ベテランを大切にするという大事なことがおろそかになってきたような気がする。

年功序列、終身雇用という「安心」感のある仕組みを低成長の原因にしてしまい、いまだにそれを廃止する動きになってきている。これは日本にとっては非常によくない傾向だと感じる。

「成果主義」の場合、成果を測る必要があるが、それをどうやって測るというのだろうか? 営業職の場合は数字も出てくるからわかりやすいと思われがちだが、それだって顧客サービスを無視して量だけとってくればいいというものでもない。蒔いた種が成長するには時間もかかるので短期的には成果は計測不可能である。

そもそも、「自社の製品を買ってください」と、聞きたくもないのに強引に自社製品の説明ばかりする営業がいるが、取引先にとって必要なのは、取引先の会社の事業にその製品がどう役に立つのか、なのだ。こちらの事業構造をわかっていない、調べもしてきていないのに「提案があります」というおかしなことを言い出す営業も多い。当然、門前払いである。

営業ですらそうなのだから、工場労働や、人事・経理・総務などの管理系の仕事や、ロングタームのシステム開発の仕事などは評価するのが非常に難しい。

なので、そもそも「成果主義」を導入すること自体が不可能なのである。

話は変わって、「成果主義」の行末として、困ったと感じていることがあるのが、成果の出ない部署はロボットのような対応ですませても平気になってしまうということだ。時間さえ過ぎればいいと思っている社員が増えてくる。

今日も、某大型スーパーのポイントカードの入会窓口で手続きをしようとしたのだが、応対した女の従業員は笑顔の一つもなく、無機質な甲高い声でこちらが聞きたくもないカードの説明を始めるのだ。一瞬ロボットかと思ったが、どうも人間だったようだ。そんな全くこころのこもってない声で意味のない説明をされても全然肚に落ちないどころか、腹が立つだけである。レンタカーの窓口や携帯電話ショップの窓口でも同じような経験があるが、一体どうしてあんな通常では使わないような高速の甲高い声で喋るのだろうか?

先ほどの営業の例でも同じなのだが、「お客様のことを第一に考える」という企業のもっとも重要なことが最近の日本企業には欠落しているような気がする。だから自社製品の押し売りが始まるし、受付の女子はロボットでもよくなるのである。

こんなことでは日本は滅茶苦茶になってしまうのではないかと危惧している。

あと、成果主義導入で最も日本企業の良さがなくなっているのが、「ベテランを大切にする」ということなのではないだろうか?年をとったら昔ほど成果は上げられないかもしれない。それでもベテランは若手より給料をたくさんもらうべきだと僕は思う。

それは、大変な暗黙知を持っているからだ。そして、その暗黙知を形式知化するのもこれまた不可能に近い。

自分のやっているシステム開発の仕事の場合、どのあたりで開発の遅れが生じるのかとか、テストでどんな不備が出てくるのかとか、トラブルが発生した時に、何が原因でどう対処すべきかということは、知らないことでもほとんど勘と経験でわかってしまう。だから僕みたいなベテランを大切にしてねということだが、これを「マニュアルにせよ」と言われても無理なのである。KKD(勘と経験と度胸)などと揶揄されるが、これは実際にホントなのだ。

最近、製造業では「爆発事故」とか「火災」などが起きているが、これもベテランがいれば、事前に危険を回避できたことも多いのではないかと思う。ベテランのノウハウは一朝一夕には身につかない。職人として、長く仕事を続けているマイスターを大事にする国にならなければ、超一流国として存続するのは難しいのではないかと思うのだ。


 
仕事のやり方 | comments(0) | trackbacks(0)

稽古照今

JUGEMテーマ:学問・学校

最近「禅語」について興味が出てきて、少しずつご紹介したいと思う。今日は「稽古」

おけいこごとと言われるが、字は「稽古(けいこ)」と結構難しい字を書く。これは禅語の「稽古照今(いにしえをかんがえ いまをてらす)」という言葉から来ている。


古事記の序文にも「古(いにしえ)を稽(かんが)へて風猷(ふうゆう)を既に頽(すた)れたるに繩(ただ)し。今に照らして典教を絶えむとするに補(おぎな)はずということなし。」→「昔のことをよく学んで、既に廃れてしまった道徳を見なおして、現在の基準とすべく、失われかかっている尊い文献を補うために、この古事記を書き残しておく」と書かれており、仏教伝来から日が経ってない古事記作成のころから「禅語」が日常的に使われていたということかもしれない。

稽古事は昔のことを学ぶだけでなく、そのことにより「現在の指針にする」ということかと…。「稽古」ってそんな意味があったんですね。

普段何気なく使っている言葉も禅語に由来があったりして奥が深いなと思う次第です。
禅語 | comments(0) | trackbacks(0)

Plan-Do-SeeではPDCAサイクルが回らない

JUGEMテーマ:ビジネス

一部の会社でいまだに「Plan-Do-See」というのを使って仕事のプロセスを回そうとしている会社があるが、「PDS」ではなく、やはり「PDCA」でなければならない。

このフレームワークに誤解があるのは、Planの中に「目標」が含まれていると思っているケースが多いことだ。「Plan(計画)」はあくまで事前に立てた「目標」に対する”対応方法”であって「目標」そのものではない。「PDS」で満足している会社に多いのが「Plan」を「目標+計画」としているため、一旦立てた計画を「実行(Do)」し、「検証(See)」し、それがダメなことがわかると「目標」そのものを引き下げてしまったり、全く別のアプローチ(Plan)を立てて次の「PDS」を回そうとしてしまうケースが多い。それではいつまで経っても同じ場所をぐるぐる回っているだけで、一向に目標(目的地)に到達しない。ヘタすると元いた場所より後退していることだって発生してしまう。

PDSを「仮説・実践・検証」などと訳している会社は特にダメで、うまくいかなかった場合に「仮説」が間違っていたとして、全然別の「仮説」を立ててしまうことが多い。だって「仮」なんだもの…。何事でもそうだが「仮」と一旦つけてしまうと一生「本質」には到達しない。「仮説」ではダメで「計画」でなければならない。こういう会社の場合はそもそも「目標」がなかったりする場合も多い。一体どこに向かおうというのだろうか?

なので、「PDS」という考え方ではダメで、「PDCA」でなければいけない。「Plan(計画)→Do(実行)→Check(検証)→Action(改善)」の中では、特に最後の「Action(改善)」プロセスが非常に重要で、「改善」活動を行った上で、その改善効果が見込まれた時点で、初めて次の「Plan(計画)」に移ることができるのである。なので、実体上は「Action(改善)」の中に一つのPDCAが回っているような形になる。

PDCAを回すという形の誤解をなくすため、「最初の目標のステージ(Tier1)」上でPDCAを回しきって、目標に到達した時点で、はじめて「次の目標のステージ(Tier2)」に移行するという形を下記に図示するが、これが本来あるべき「PDCA」である。最初に「目標」があり、それを実現するためには同一ステージ上で、何度もPDCAを回しスパイラルアップしていき、目標に到達した時点ではじめて、次の段階の「目標」を設定するという形にしていかなければいけない。

Tier1の段階で「Plan」を大幅に変更したり、「目標」を引き下げたりするとステージが一向にあがらず、露頭に迷ってしまうのだ。世の中にそういう企業が多いが、本来とるべき形は、まず実現可能な目標を立て、それを実現したら、次のステージにあがるという形をちゃんと会社のメンバーの身体にしっかり染み込ませて行くということだと思う。そのプロセスを着実に行うことで、意外にも当初は実現不可能と思っていたことだって実現してしまうのだ。是非「PDS」で一向に目標が達成しない会社は下記の図を頭に叩き込んで、「本来のPDCAサイクル(改善活動)」を進めていってほしいと思う。


仕事のやり方 | comments(0) | trackbacks(0)

中韓の反日活動を海外から見ると

中韓の反日活動がすさまじい。

特に韓国は「従軍慰安婦問題」にからめて「歴史認識問題化」し、安倍政権の「右傾化」を批判している。中国は尖閣諸島国営化以来同様に「右傾化」を問題視している。

しかし、これは日本国内の新聞を読んでるからそう感じるだけである。

海外においては日本の話などほとんど報道されず、ましてや韓国の話などほとんど見ない。各国は自国の問題に忙しく、他国のことはあまり話題に上らない。

なので日本を批判する記事などあまりないのだが、しかしながらごくたまに、間違って報道されているケースが多い。海外から取材に来るわけでないので、日本の新聞に載ったことを海外の新聞は転載するケースが多く、朝日新聞が安倍政権を殊更に悪く書けば、「日本ではこう考えられている」という風に間違った報道がたまにされている。

靖国神社参拝の時には、さすがに各国の新聞に写真入りで報道されたが、「日本を取り戻した」というような記事は皆無で、朝日新聞の記事に従ったような論調で「中国・韓国が批判している」という内容の記事になっていた。

これも朝日新聞を中心に大々的に新聞にそう書くからそのように海外にリークされるのであって、日本の新聞が報道しなければどこも反応しないのである。残念なことに海外からみれば「Asahi」が信頼されてしまっている。(まあ、ニューヨーク・タイムズに至っては東京支局が朝日新聞の中にあるので仕方ないのだが…。)

先日も菅官房長官が「”河野談話”について調査を始めた」という記事がニューヨークタイムズやBBCなどの記事になっていたが、”Apology to Wartime Sex Slaves”とか”Sex slavery apology”という表現になっており、ぱっと見るとまた「性奴隷に対するお詫び(河野談話の英訳)」をしたかの記事が世界に配信されてしまっている。よく読めば再調査(revisit,review)の記事なのだが、性奴隷(Sex Slaves)の方が先に目に入ってしまう。せっかくの再調査が逆効果である。

これも結局日本で従軍慰安婦に関する報道をするから世界が反応するのだ。

隣国のシモネタ話などほっておけば良いのだ。無視を決め込めば、海外に報道されることもなく、日本はちゃんと評価されることだろう。70年以上も前の話にいまだになんで付き合わされなければいけないのだろうか?本当にしつこい話だ。

しかしながら韓国のアメリカのロビー活動の勢いは強く、ますます効果的に日本を陥れている。報道はほっておけばよいが、こちらは日本も頑張る必要があると思う。報道は無視を決め込み、裏で粛々と動く、こういうインテリジェンス活動を日本はもっと磨かなければいけないと思う。

しかしなんといっても最後は「正義が勝つ」はず。アメリカも嘘で塗り固めた話は嫌いなはずで「正義」が好きなのだ。粛々と真実を丁寧に説明していけばいつの日か形勢は逆転することだろう。

なのでマスコミはその場その場の脊髄反射的な論調を展開するのではなく、事実を淡々と報道するマスコミに生まれ変わってほしいものだと思う。今のままだと日本はどんどん悪い国だと思われてしまうではないか…。
政治・経済 | comments(0) | trackbacks(0)